漢字読み講座

【この夏まさに?!】「炎昼」って何て読む?「えんひる」ではありません!

「炎昼

これ、何と読むかわかりますか?

 

いかにも熱そうな見た目の漢字ですが…

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「炎昼」読み方のヒント!

 

「炎昼」は、読み方は難しくありません。

 

「炎」は「炎上」や「火炎」などと同じ読みかた、

「昼」は「昼食」や「昼夜」などと同じ読み方です。

 

さて、読めたでしょうか?

 

「炎昼」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「えんちゅう

です!

 

「炎昼」は、

「夏の暑い昼下がり」を表した漢字です!

 

酷暑が続く、最近の夏の日のようなことですね。

 

「陽炎」や「炎天下」のように、

「炎」は暑い夏の日に使われることがあります。

昔から、夏の暑さにうんざりしていることが伝わってきますね笑

 

ですが「炎昼」の言葉自体は、昭和初期から使われるようになったのだとか。

俳人である山口誓子が初めて使ったとされていて、

夏のギラつくような暑さが伝わってくるような言葉です。

 

また、俳人が使っていたことからもわかるように

夏の季語でもあります。

普段はなかなか使う機会はないかもしれませんが、

「炎昼のなかご来社いただきありがとうございました!」

などと、メールでの季節の挨に取り入れるのもいいですよ。

 

普段は使い慣れなくても、知っておくと便利な言葉。

これを機に教養として読めるようになりましょう!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA