漢字読み講座

「果敢ない」の読み方は?「かかんない」と読んでしまうと恥ずかしいかも

「果敢ない」の読み方をご存じでしょうか?

そのまま素直に読むと「かかんない」になりますが、もちろん間違いです。

よく耳にする一般的な言葉ですよ。

さて、あなたには読むことができますか?

「果敢ない」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇ない」の4文字です
  2. 確かなことがなくて、消えていきやすい
  3. 「蝉の命は短く果敢ないものだ」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「果敢ない」の読み方!正解は?

正解は「はかない」です。

誰でも知っている言葉ですが、通常は「儚(はかな)い」と書くことが多いため、読めなかった方も多いのではないでしょうか。

「はかない」という言葉には「淡く消えていく不確かなもの」といった意味があり、「優勝の夢は、はかないものだった」「美しい花が、はかなく散りゆく」などと使います。

また、「果敢」という文字は「果敢に挑戦する」という風にも使われており、その場合は「果敢(かかん)」と読むので、とても紛らわしいですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA