漢字読み講座

「頑魯」この漢字は「げんしょう」?あなたは何と読みますか?

本日の難読漢字クイズは「頑魯」

あなたは何と読みますか?

日本の宗教学を勉強した人は知っているかも…

「頑魯」の読み方のヒントは?

1.「頑魯」をひらがなにすると3文字になります。

2.誰でも多かれ少なかれ、「頑魯」な一面があるでしょう。

3.ポジティブな意味で使われるケースはありません。

正解は…

正解は「がんろ」でした!

意味は、頑固でものの道理をわきまえないこと、頑なで愚かな様子をいいます。

同じ意味の言葉に「頑愚(がんぐ)」があります。

「頑」は素直でなく、心がねじけて間違った考えに固執しているさま。頑固の「頑」ですね!

「魯」は愚かな様子や反応が鈍いことをあらわします。

ちなみに、昔の日本ではロシアを「魯西亜」と当て字で書いていました。

しかし「魯」のイメージが良くないとロシアからクレームを受け、最初の当て字を変えて「露西亜」に直したといわれています。

若いうちは無知で愚かな「魯」、年を取って頑なな「頑魯」に、そうならないよう気を付けましょう。

浄土教の祖として知られる源信僧都(げんしんそうず)は法然や親鸞に影響を与えた偉大な僧でしたが、「予が如き頑魯の者」という自戒の言葉を後世に残しています。※「往生要集」より

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA