漢字読み講座

「競り」ってなんて読む? 徒競走の「競」ですが・・・

競り」と書いて、なんと読むか分かりますか?

耳で聞けば納得ですが、あまり書くことは無いかもしれません。

しかし日常生活でも、色々な所で使われている漢字ですよ!

仕事によっては、毎日「競り」に行くという人も居ると思います。

さて、「競り」と書いてなんと読むでしょうか?

「競り」読み方のヒントは?

「競」は、徒競走(ときょうそう)、競輪(けいりん)、競馬(けいば)など、何かと競う(きそう)という漢字です。

ここでいう「競り」も誰かと競うことになります。

「競り」は主に朝の市場で使われています。

生花、果実、魚などなど。

市場見学に行くと、朝からみんな活気が良くて元気が出ます。

生もの以外の競りは、最近ではオークションが多いですね。

競りでもオークションでも、競い合って競り落とします

「競り」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇り」です!

さて、もうわかりましたか?

「競り」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「せり」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA