漢字読み講座

「盆」や「盃」によく似た漢字「諡」は読めますか?意味を知ったら1つ賢くなれますよ!

「諡」・・・「盆(ぼん)」「盃(さかずき)」によく似ている漢字ですが、「ごんべん」が付いていますよね。

普段使わない漢字であることは間違いありません。

そして、読み方を聞いても、「?」と思われる方が大部分でしょう。

読み方と意味を知れば、1つ物知りになれること間違いなし。

ぜひ覚えて、身近な人に自慢してみてはいかがでしょうか?

「諡」の読み方のヒントは・・・?

見慣れない漢字の「諡」ですが、実は神道で使われる言葉なんです。

「諡」とは、仏教でいう「戒名」のこと。

読み方は、ひらがなで「〇〇〇〇」の4文字です。

そして、大ヒント!

「諡」は、「贈り名」という意味に漢字が当てられたものです。

「贈り名」の読み方がそのまま答えに・・・

「諡」の読み方の答えは・・・

正解は、「おくりな」でした!

神道では、亡くなった人は家の守り神になると考えられています。

お布施をして僧侶に付けてもらう「戒名」とは違い、「諡(おくりな)」は生前の名前の一部だけを使用することはありません。

生前のフルネームに続いて、亡くなった時の年齢や性別によって決まっている諡(おくりな)をつけるのです。

例えば16~19歳までの女性には「姫」、20~40歳までの男性には「郎男(いらつお)」、41歳~70歳までの女性には「刀自(とじ)」などと決められています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA