漢字読み講座

今日の難読漢字は「野口啄木鳥」「諡」「配」の3問です!全問正解で漢字マスター!!

今日の難読漢字は、

「野口啄木鳥」

「諡」

「配」

の3問です!

全問正解して、漢字マスターを目指しましょう。

難読漢字1問目は、「野口啄木鳥」

「百舌鳥」と書いて「もず」。

「山翡翠」と書いて「やまぜみ」。

鳥の名前って、難読漢字が多いですよね。

それでは「野口啄木鳥」は読めますか?

絶滅危惧種に指定されている鳥なんですよ。

何と読むのか?

さっそく見ていきましょう!

「野口啄木鳥」の読み方のヒントは・・・?

それではヒントです!

ずばり読み方は、ひらがなで「のぐち〇〇」の5文字です。

つまり、「野口啄木鳥」の漢字5文字のうち「野口」はそのまま「のぐち」という読み方で正解なのです。

問題は、「啄木鳥」の3文字ですね。

漢字3文字ではありますが、読み方は「〇〇」の2文字です。

考えてみてください!

「野口啄木鳥」の読み方の答えは・・・

正解は、「のぐちげら」でした!

「啄木鳥」と書いて「けら」と読みますが、「きつつき」とも読みます。

「きつつき」はキツツキ科の鳥の総称で、「けら」もキツツキ科に属する鳥です。

そして「野口啄木鳥(のぐちげら)」ですが、沖縄のやんばる地方にしか生息しないキツツキなんです。

1887年に発見された際に、発見に携わった野口さんの名前を取って名付けられたんですよ。

絶滅危惧種であり、特別天然記念物に指定されているキツツキです。

難読漢字2問目は、「諡」

「諡」・・・「盆(ぼん)」「盃(さかずき)」によく似ている漢字ですが、「ごんべん」が付いていますよね。

普段使わない漢字であることは間違いありません。

そして、読み方を聞いても、「?」と思われる方が大部分でしょう。

読み方と意味を知れば、1つ物知りになれること間違いなし。

ぜひ覚えて、身近な人に自慢してみてはいかがでしょうか?

「諡」の読み方のヒントは・・・?

見慣れない漢字の「諡」ですが、実は神道で使われる言葉なんです。

「諡」とは、仏教でいう「戒名」のこと。

読み方は、ひらがなで「〇〇〇〇」の4文字です。

そして、大ヒント!

「諡」は、「贈り名」という意味に漢字が当てられたものです。

「贈り名」の読み方がそのまま答えに・・・

「諡」の読み方の答えは・・・

正解は、「おくりな」でした!

神道では、亡くなった人は家の守り神になると考えられています。

お布施をして僧侶に付けてもらう「戒名」とは違い、「諡(おくりな)」は生前の名前の一部だけを使用することはありません。

生前のフルネームに続いて、亡くなった時の年齢や性別によって決まっている諡(おくりな)をつけるのです。

例えば16~19歳までの女性には「姫」、20~40歳までの男性には「郎男(いらつお)」、41歳~70歳までの女性には「刀自(とじ)」などと決められています。

難読漢字3問目は、「配」

「配」という漢字は、難しい漢字ではありませんよね。

小学校3年生で習う漢字なんですよ。

一文字で読むなら「はい」しかないと思いますが・・・

実は、別の読み方があるんです。

何と読むのか?

さっそく見ていきましょう!

「配」の読み方のヒントは・・・?

それでは改めて、「配」の漢字の意味を調べていきましょう。

  1. くばる・割り当てる・分ける・・・(例)配分・分配など
  2. 並べる・並ぶ・・・(例)配膳・配付など
  3. 従える・・・(例)支配など
  4. 島流しにする・・・(例)配流など
  5. そわせる・夫婦にする・夫婦になる・・・(例)配偶者など

「配」と言えば「配る(くばる)」という意味で使われることが多いですが、さまざまな意味があるんですね。

そして意外なのが⑤の「添わせる・夫婦にする・夫婦になる」という意味です!

この意味こそが「配」の読み方のヒントですが・・・

分かりましたか?

「配」の読み方の答えは・・・

正解は、「つれあい」でした!

「配(つれあい)」とは、配偶者のことです。

夫婦間でお互いの事を第三者に話す際などに「うちの配(つれあい)が・・・」などと使います。

よい配偶者の事を呼ぶ「佳配(かはい)」という言葉もあるんですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA