漢字読み講座

「肝腎」ってなんて読む? 肝臓(かんぞう)ではありません!

肝腎」と書いて、なんと読むか分かりますか?

臓器の事ではありません。もちろん肝臓(かんぞう)の事ではありません。

そして肝心と書いても正解です!

どちらも同じ意味になります。

さて、「肝腎」と書いてなんと読むでしょうか?

「肝腎」読み方のヒントは?

「肝腎」とは、もっとも大事な事、重要な事、大切な事の事です。

人間にとって、肝臓と心臓や腎臓はもっとも重要であることから「肝腎」と言われるようになりました。

その時々によって使われ方は違うものの、「努力が肝腎」「休息が肝腎」「肝腎の人が欠席」「肝腎の財布を忘れる」などなど、よく使う言葉だと思います。

肝腎な部分さえ押さえておけば、後はまあまあどうにでもなるようなことが多いです。

「肝腎」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「肝腎」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「かんじん」

です!

 

「いつも居る癖に、肝腎な時にいないんだから~!」なんて使った事ありませんか?

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA