漢字読み講座

「名代」の読み方は?「なだい」「なしろ」以外でお答えください【難読漢字】

「名代」の読み方をご存じでしょうか?

「なだい」や「なしろ」とも読めますが、今回はもうひとつの読み方を正解とします。

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「名代」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字
  2. 意味は、だれかの代理をつとめることです
  3. 「部長が都合により欠席したため、私が名代として参加しました」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「名代」の読み方!正解は?

正解は「みょうだい」です!

漢字自体は小学校で習うごく簡単な字ですが、日常的にはあまり使われない言葉なので、意外と難しかったかも知れません。

「名」の字には「な・めい・みょう」といった読み方が、「代」の字には「だい・しろ・か(わる)」といった読み方があります。

「めいだい」と間違えて読んでしまいやすいので、注意しましょう。

「名代」には以下の3つの読み方があり、それぞれに意味が異なります。

  1. みょうだい:だれかの代理をつとめること
  2. なだい:名を知られている、評判が高いこと
  3. なしろ:大化の改新以前の皇室の私有民のこと

また「名代(みょうだい)」の類義語には「代理」「代理人」「代役」「替え」などがあります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA