漢字読み講座

「標す」の読み方は?「ひょうす」と読むのは間違いです【難読漢字】

「標す」の読み方をご存じでしょうか?

「標」は「標示(ひょうじ)」や「標語(ひょうご)」の「ひょう」ですが、「ひょうす」ではありません。

「標」という漢字の意味を考えると、正解がわかるかも…

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「標す」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇す」の3文字
  2. 目印をつけるという意味です
  3. 「山の頂上に到達の証を標す」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「標す」の読み方!正解は?

正解は「しるす」です!

一般には「印す(しるす)」と書く方が多い印象ですね。

意味はヒントで紹介したように「目印をつける」ことです。

「しるす」には多くの漢字表記がありますが、それぞれ使い方が異なるので注意が必要です。

以下は、漢字表記と使い方の例になります。

  • 印す、標す:目印をつけること(例 北極への到達を~す)
  • 記す、識す、誌す:文字や文章に書きとめる、よく覚えておく(例 日記に~す、喜びを胸に~す)
  • 銘す:石碑や器具に刻む(例 石碑に名を~す)
ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA