漢字読み講座

「顔」かお? がん? この漢字、4文字の読み方を知っていますか?

「顔」はかお、がん、ですね!

では4文字なら何と読みますか?

早速ヒントを見てみましょう。

「顔」の読み方のヒントは?

1.「顔」をひらがなにすると4文字になります。

2.「顔」と似たイメージの言葉には、「みめ」「面貌」「面立ち」などがあります。

3.『御室あたりの夕暮に、花の顔みるたのしみも……』中里介山「大菩薩峠」より引用

正解は…

「かんばせ」でした!

文学作品では「貌」と書かれることもあります。

顔の造作そのものではなく、顔つき、表情、容貌といった雰囲気そのものも含みます。

また、対面(たいめん)や面目(めんぼく)など自分の立場や名誉を指す場合もあり、良い意味でも悪い意味でも使われます。

昔は花のように美しい顔を「はなのかんばせ」と喩えたそうです。

『花の顔 月の眉、女子にして見まほしき優男』「牡丹灯籠」より引用

上記は有名な怪談「牡丹灯籠」のお露が新三郎に一目惚れした際の言葉です(後に化けて出るのですが)。

「顔(かんばせ)」の語源

「顔(かんばせ)」の語源は諸説ありますが、「顔」と「馳す・馳せる」の連用形という説が有力です。

「馳す・馳せる」は「走る」につながり、心を馳せる、馳せ参じる、のように心のはたらきが外へ出ていくニュアンスです。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA