漢字読み講座

「限り限り」ってなんて読む? (かぎりかぎり)ではありません!

限り限り」と書いて、なんと読むか分かりますか?

漢字のイメージでは「今回限り、今回限りは特別ですよ!」という感じがしますが、

実はそのまま読みます。

しかし(かぎりかぎり)ではありません。

さて、「限り限り」と書いて、なんと読むでしょうか?

「限り限り」読み方のヒントは?

「限り限り」とは、限度いっぱいで、それ以上余地がないことをいいます。

使われる例としては

「今月もやりくりが限り限り。」

「やることが多くてキャパオーバーまで限り限り。」

「太ってしまってスカートのボタンが限り限り。」

「限り限り閉店間際に行けば半額商品がある。」

などなど、普段から使っている言葉です。

誰でも結構、限り限りで生きていると思いませんか?

他にも

限り限りまで布団の中で居たい!

なんて切実な声も。

書く時にはカタカナで書くことが多いですね。

ひらがなにすると「〇り〇り」です。

さて、もうわかりましたか?

「限り限り」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ぎりぎり」

です!

 

限り限りも結構ストレス溜まります。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA