漢字読み講座

【翻車魚】なんて読むかご存知ですか?「ほんくるまさかな」ではありません!

翻車魚

この漢字が表す生き物をすぐに答えることはできるでしょうか?

あまり馴染みのない漢字の並びということもあり、すんなり読める人は少ないのではないでしょうか。

さっと読めたら自慢できる、そんな漢字です。

ぜひなんと読むか考えてみてください!

「翻車魚」の読み方のヒントは?

翻車魚 ヒント1
「翻車魚」には「魚」という漢字が含まれていますね。

そう、ご想像どおり「翻車魚」は魚の仲間です。

 

翻車魚 ヒント2

あたたかい海に生息している大きな魚で、なんと長さは2mにもなるそうです。

 

翻車魚 ヒント3

水族館でゆったり泳ぐ様子を見たことがある人も多いはずです。

 

翻車魚 ヒント4

実は食べたらおいしいらしいですが、ほとんどの人は食用にはしません。

 

翻車魚 ヒント5

「翻車魚」だけでなく「曼波魚」とも書くこともあるようです。

 

さて、この5つのヒントで「翻車魚」とは何かわかりましたでしょうか?

正解は…

正解は…

マンボウ

でした!

あまり漢字からは想像できない読み方でしたね。

ちなみに、日本では地方名で、ウオノタユウ(瀬戸内海)、ウキ、ウキギ、ウキキ(浮木)、バンガ(以上は東北地方)、マンザイラク(神奈川県)などと呼ばれているようです。

野生のマンボウはクラゲやイカを食べているそうです。

ちょっと意外だと思いませんか?

読みも食べるものも意外な「翻車魚」、ぜひ覚えてあげてくださいね!

ここまで読んでくれてありがとうございました!

合わせて読みたい

ABOUT ME
アバター
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。島に関する観光ブログをがんばってゼロから立ち上げています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA