漢字読み講座

【挟む】「はさむ」と読んだあなたは要注意!もうひとつの読み方、知っていますか?

「挟む」という漢字は普通、「はさ(む)」と読みますよね。

それももちろん正解です。

しかし、同じ漢字の違う読み、あなたはご存知ですか?

知らなかった方はぜひこの機会に考え、学んでみてください!

「挟む」の読み方のヒントは?

「はさむ」よりも少しニュアンスが限定的になる言葉です。

間に割って入れ込むという意味が一番しっくり来ると思います。

ちなみに送り仮名を入れて5文字。

少し長くてびっくりしてしまいますね。

「〇〇〇〇む」

もう分かってしまったでしょうか?

正解は…

正解は…

さしはさむ

でした!

「口をさしはさむ」や「本にしおりをさしはさむ」のように使います。

自分が話しているときに、口をさしはさまれるとあまりいい気分はしませんね。

「はさむ」と読むことが多いこの漢字、ぜひもう一つの読み方として「さしはさむ」という読みを覚えておいてくださいね。

意味も「はさむ」と似ているので区別が分かりづらいですが、そこまで含めて知っているとスマートです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA