漢字読み講座

【「たまごきび」や「ぎょくしょくきび」ではありません。】「玉蜀黍」の読み方、あなたは分かりますか?

「玉」は、球体の意味や、宝石という意味があります。

「蜀」といえば、三国志で有名な、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の「蜀」ですね。

ちなみに「黍」は、サトウキビの「黍(きび)」です。

 

3つの漢字のそれぞれの意味を考察してみましたが、何だかどの漢字も、まとまりがなくて余計分からなくなってしまいました・・・。

最後に「黍(きび)」が入っているから、何かの植物でしょうか?

「玉蜀黍」、あなたは読めますか?

 

「玉蜀黍」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これは野菜の名前です。

ヒント② 世界三大穀物の一つです。

ヒント③ アメリカでは生産量が多く、「〇ー〇ベルト」と呼ばれる地域があるほど。

 

「玉蜀黍」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「とうもろこし」です!

 

英語名では「コーン」、世界三大穀物の一つでもあり、人類史上になくてはならない野菜でもありますね!

「黍(きび)」の字が入っていることからも分かるとおり、とうもろこしの英語名「コーン」は穀物全般の総称でも使われており、日本では「トウキビ」と呼ぶ地域もあります。

 

また、歴史的にみても古くから我々人類を支えてきた穀物でもあり、その証拠にスイートコーン、ベビーコーン、ピーターコーン、ピュアホワイト・・・などなど、数えきれないほどの品種があります。

さらに、そのまま食べるだけでなく、家畜のエサになったり、お菓子やお酒の原料として活躍するとうもろこし。コーンスープに代表されるように料理の材料としても一級品!

そんなスーパー野菜が「玉蜀黍」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA