漢字読み講座

【読めないと恥ずかしい】「済う」ってなんて読む?「さいう」と読んでしまったあなたは・・・

「済う」

「決済(けっさい)」「救済(きゅうさい)」など「さい」と読むことが多いこの漢字ですが「さいう」ではありません。

訓読みでは「済む(すむ)」「済ます(すます)」と読みますが「すまう」でもありません。

「済う」読み方のヒントは?

ヒントは、困難な立場にいる人を助け出すことを表す言葉です。

類語は

「助ける」

「救出する」

「救助する」などが挙げられます。

「済う」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「すくう」

です!

「さい」と読む場合でも「救済(きゅうさい)」「共済(きょうさい)」などのように「すくう」という意味で使っている漢字が多くありますね。

「済」の漢字の中にある「斉」の文字は、象形文字ででこぼこのない綺麗にそろった様子を表しています。

その「斉」が「氵(さんずい)」と合わせることで川の水流をそろえる(量を調整して強弱を整える)という意味を持つようになり、状況が悪いものを整えてそろえることから「済う」という意味に転じたと言われています。

「すくう」の漢字は「救う」を使うことが多いですが「済う」が読めると尊敬されるかもしうれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA