漢字読み講座

【「束子」ってなんて読む?】「たばこ」と読んでしまったあなたは・・・

「束子」

「花束」「書類の束」などで使う「束」という漢字と子供の「子」でなんと読むかわかりますか?もしかしたら「たばこ」と読んでしまった人がいるかもしれません。

束子」読み方のヒントは?

ヒントは、昔はどこの家にもあった汚れを落とす時に使う物の名前です。最近はもしかすると置いていないご家庭もあるかもしれません。

名前の前に「スチール」とか「アクリル」「亀の子」とつく場合があります。もうおわかりですね?

「束子」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「たわし」

です!

束子はもともと、藁(わら)やシュロ(ヤシ科の常緑高木)の毛を束ねてつくっていました。

束子の語源には諸説ありますが、束ねたものという意味で「たばし」と呼ばれていたものが、時代とともに変化して「たはし」となり、現在の「たわし」になったという説が有力です。

今でも方言で「たばし」と呼ぶ地域もありますが、むしろ昔ながらの呼び方といえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA