漢字読み講座

【知ってると自慢できる】「革める」ってなんて読む?「かわめる」と読んでしまったあなたは・・・

「革める」

「かわめる?」「かくめる?」

「革」はなじみ深い漢字ですが、この送り仮名はあまり見かけないかもしれません。

なんと読むかわかりますか?

「革める」読み方のヒントは?

ヒントは、悪い点を正しくする、古いものを新しくする、態度や服装などをキチンとするといった場合に使われます。

類語は

「改善する」

「作り直す」

「正す」

などが挙げられます。

意味が複数ありますが、日常でよく使う言葉なので考えてみてくださいね。

「革める」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「あらためる」

です!

「だらしない食生活を明日からは革めようと思う」

「改めて提出案を作り直す」

「言葉遣いを革める」

のように使います。

「あらためる」と読む漢字は他に「改める」「検める」があります。それぞれの違いを解説していきましょう。

「検める」は、「正しいかどうかを詳しく調べる・吟味する・確かめる」場合に使います。

「改める」は、「革める」「検める」両方の意味で使うことができます

普段は「改める」を見かけることが多いですが、シーンによって漢字を使い分けられたら尊敬されるかもしれませんよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA