漢字読み講座

【「一入」ってなんて読む?「いちにゅう」】と読んでしまったあなたは・・・

「一入」

「一球入魂」「一期一会」「一攫千金」などのイメージから「いちにゅう」と読みたくなってしまいますが、それは間違いです。

もちろん「いちいり」でもありません。ではなんと読むのでしょう?

「一入」読み方のヒントは?

ヒントは、他の場所や物と比べて程度が一段増すことを表す言葉です。

類語は

「ひときわ」

「いっそう」

「格段に」

などが挙げられます。

「一入」の読み方、正解は・

正解は・・・

 

 

「ひとしお」

です!

「なかなか合格できなかったので喜びも一入である」

「素晴らしい作品に仕上げてもらって感動も一入だ」

「卒業以来の再会となれば懐かしさも一入だっただろう」

のように使われます。

もとは染物の時に使う言葉で「一入」は一回染料につけた状態のこと。染物というのは、染料につけた回数が増えるほど色が濃くなります。その様子から「程度が増す」様子を表す言葉となりました。

ネガティブに使うこともできますが、大抵はポジティブな表現に使われることが多い言葉です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA