漢字読み講座

【読めますか?】「一寸」って何て読む?「いっすん」でも正解ですが、他の読み方もありますよ!

「一寸」

「一寸法師」のように、「いっすん」と読むイメージが強いこの漢字。
もちろん「いっすん」でも正解ですが、別の読み方があるのを知っていますか?

「一寸」読み方のヒントは?

ヒントは、「ち」から始まる4文字のあの言葉。

物・時間・程度がわずかであるさま
すこしであること」を表現する際に使われることが多いです。

類語には「少々」「少し」などが挙げられます。

もうわかりましたね?

「一寸」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ちょっと」

です!

「ちょっと待って!」「ちょっとだけ貸して~」
などのように、わずかであるという意味で使われることが多いですが、

「ちょっと名の知れた作曲家」
のように、かなり・けっこうという意味も持っています。

ちょっとは、ちっとの音変化から生まれた言葉で「一寸」は当て字です。
また同じく当て字で、「鳥渡」でも「ちょっと」と読むことができます。

普段ひらがなで使うことが多いため、漢字を知ってたら一寸(ちょっと)かっこいいですよね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA