漢字読み講座

【これは難しい…】「殆」の読み方は?「たい」?正解は4文字の言葉!

「殆」

上の漢字ひと文字で、何と読むかわかりますか?

「殆ど(ほとんど)」「たい」という読み方もありますが、

ひと文字で表記されている場合、どう読むのでしょうか?

「殆」の読み方のヒントはコレ!

  • ヒント1:「困り果てる」「うんざりする」という意味を持つ
  • ヒント2:「殆ど(ほとんど)」「あらかた」という意味もある
  • ヒント3:万葉集では「すんでのことで」「あやうく」の意味で使用されていた

そろそろわかりましたか?

「殆」の読み方!正解は…?

「殆」の読み方、正解は……「ほとほと」です!

「殆」は、ヒントの通り、下記のような意味で使われます。

  • 「困り果てる」「うんざりする」
  • 「殆ど(ほとんど)」「おおかた」
  • 「すんでのことで」「あやうく」

ここから転じて、「まったくもって」「たいへん」など、
物事の程度を表す言葉として使用されることもありますよ。

「殆」を使った例文は?

  • 息子の成績表を見て、殆呆れてしまった
  • 彼の作品の素晴らしさに、殆感心した

例文のように、子供時代に
「あんたの成績には殆がっかりするよ」というような
お説教を受けたことがある人もいるかもしれませんね。

このように、「殆」は日常会話でよく使われる言葉なのです。

「殆」の類語は?

つぎに、「殆」の類語を2つご紹介します。

  • 「つくづく」
  • 「しみじみ」

上の言葉の方がなじみ深いと感じる人もいるかもしれませんね。

とはいえ、感情を表現する際や、物事の程度を示す際、
「殆」も使いやすい単語のひとつ
だと言えるでしょう。

なお、「殆」は小説の文中にも登場する言い回しです。

読み方がわからなかった人は、これを機に覚えておくといいですよ。

ABOUT ME
tnskksg
国語好きが高じてwebライターになりました。奥ゆかしさを感じる言葉が好きです。わたしの紡いだものが、あなたの記憶のなかに残りますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA