無印良品

【30秒で完成】お肌に優しい泡を作りましょう♪無印良品の泡立てボールでモコモコ泡をカンタンに!

すっかり空気が冷たくなり、乾燥が気になる季節。

皆さんは「お風呂で体を洗う時」に、何を使っていますか?

ボディタオルやスポンジを使う方もおられると思いますが、私のオススメはズバリ「手洗い」

小さい頃からトラブルが多く敏感肌の私。
ボディタオルで肌を擦ってしまう事による、痒みや乾燥に悩まされていました。

そこで、知人に教えてもらった手洗いを実践。
ついつい力を入れて体をゴシゴシ擦ることが無くなり、痒みも徐々に改善されました!

この冬、敏感肌の方にはもちろん、お肌を労わりたい皆さんは、手洗いを試してみてはいかがでしょうか?

そして、手洗いに欠かせないのがたっぷりの泡

泡を手と体の間のクッションのようにして、摩擦を抑えて洗うのがコツです。

しかし、いちいち手で泡立てるのは面倒・・・。
時間を掛けて頑張っても、少量の泡しか出来ませんよね。

この泡を手軽に作ることができるのが、無印良品の「泡立てボール・大」

私が何回もリピート買いしているアイテムです♪

今回は、私が実際に購入して良かった点・気になった点も合わせてご紹介していきますので、気になった方は是非検討してみてくださいね!

こちらが、無印良品の「泡立てボール・大」

無印良品「泡立てボール・大」

商品名の通り、泡のようなまんまるな見た目がとってもかわいい!

頭の部分にはヒモ付き
お風呂場に吊るして収納できるので、水切れが良くて便利です◎

太めで丈夫なヒモ
我が家のお風呂にて

そして注目のポイントが、ネットの網目がとても細かいこと!

近くで見るとこんな感じ

100円ショップのものなど、網目が荒く肌に触れるとザラッとすることも。

この商品は網目が細かく、ソフトな触り心地
ボール状にフワッとしたネットがお肌に優しいです。

それでは、実際に泡立てボールを使って、モコモコの泡を作ってみましょう!

まずは泡立てボールを軽く濡らし、水を切ってからボディソープを適量つけます。
最初に濡らしておかないと、泡立ちが悪くなってしまうため、この工程は必須です!

意外と大事な工程

あとは両手で揉み込むようにくしゅくしゅするだけ。

30秒ほどでこの泡立ち

あっという間にモコモコ泡の完成!
誰でも簡単に、たっぷりの泡を作ることが出来て、とても楽ちんですよね。

きめ細かくフワフワな泡
逆さにしても垂れない!

大サイズは約10cm(ヒモは含まず)と結構大きめ。
体を洗うのに十分な量の泡が作れますので、時短になります!

品質が高いため、価格も高いイメージの無印良品。

ですが、この商品は税込み150円と安いのも魅力のひとつ。
定期的に買い替えが必要なアイテムなので、これは嬉しいですよね。

実は今年から190→150円に価格変更になったばかり。
ますますお買い得になり、感謝です!笑

また、無印良品では泡立てボール以外に「洗顔用泡立てネット」も販売。

無印良品「洗顔用泡立てネット」

私はこちらも利用していますが、泡立てるのにやや時間が掛かります。
ネットが空気に触れる面積が少ないため、ちょっとコツが必要なんですよね・・・。

しかし、シンプルな作りなので泡をシュッと絞るように手に取れるところがお気に入り!
泡立てボールに比べて乾きやすいのも大きな違いです。

また「泡立てボール・小」も、洗顔用として使いやすいミニサイズ。

皆さんの使いたい場所や好みに合わせてチョイスしてくださいね♪

ちなみに私の場合は、体用に「泡立てボール・大」、洗顔用に「洗顔用泡立てネット」と使い分けています!

今回は無印良品の「泡立てボール・大」の良い点・気になった点をまとめましたが、いかがだったでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです♪
それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA