睡眠

ぐっすり眠りたい夜はアロマがおすすめ!安眠しやすいアロマの種類や睡眠に効果的な理由を解説!

仕事の不安や人間関係の不安からくるストレスで、夜上手く眠れないと悩んでいませんか?眠れないとさらにストレスを感じて、負のスパイラルに陥ってしまいますよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、アロマを使ってみる方法。

本記事では安眠におすすめなアロマの種類や、なぜ効果的なのかについてお話していきます!今日はぐっすり眠りたいと思っている方はぜひご覧ください。

安眠にアロマが効果的な理由

アロマの画像

アロマがなぜ快眠に効果的なのかを知っておくと、睡眠時だけでなく日常生活でも役立つかもしれません。そのため、まずはアロマが睡眠に効果がある理由を具体的に解説していきます!

香りは脳と直結しているから

人間には嗅覚以外にも、視覚、聴覚、触覚、味覚といった五感があります。五感で感じ取ったものは一度「大脳新皮質(理性的な思考)」を通じて「大脳辺縁系(感情や本能)」に伝達されますが、嗅覚だけは例外です。

嗅覚は中継地点を挟まず、直接、大脳辺縁系に伝わります。大脳辺縁系には自律神経の中枢になる器官や、感情・記憶を司る器官があるので、匂いによって直接働きかけると、自律神経が整いリラックスできるわけです。

簡単にいえば、匂いを嗅ぐことで身体の調子を整える器官がダイレクトに刺激され、身体や脳の緊張感をほぐしてぐっすり眠れるようになります。

いい匂い=眠れる匂いではない

香りは脳に直接作用する分、よく眠れる香り選びには注意が必要です。というのも、香りにもさまざまな種類があるためです。

中には眠気を抑えるタイプの香りも存在します。つまり、好きな香りが眠気を抑えるタイプだった場合、安眠の観点からすれば逆効果に…。

おすすめは、深呼吸したくなる香りです。代表的なのは、森林の香りでしょう。まるで森の中にいるような香りは深呼吸もしたくなりますし、心も落ち着きますよね。

安眠におすすめのアロマの種類3つ

アロマの画像

アロマといってもたくさんの種類があります。それぞれ効果が異なるため、睡眠の観点からみたアロマ選びが重要です。ここではおすすめのアロマを3つご紹介していきますね。

ラベンダー

ラベンダーは安眠系の香りとして最も代表的です。緊張感やストレスの緩和に効果があるとされており、とてもリラックスできます。代表的な香りなので多くのアロマに使用されており、市販でも入手しやすいですね。

ベルガモット

柑橘系の香りであれば、ベルガモットがおすすめです。古くから香水に使われており、気品ある香りがします。憂鬱な気分のときやイライラからくるストレスにも効果があるとされていて、明るい気持ちになれる香りです。

ネロリ

ネロリはフローラルで優雅な香りが特徴です。実は、天然の精神安定剤と呼ばれるほどリラックス効果に優れています。また、女性ホルモンと似たような働きがあるため、女性ホルモンのバランスを整えるのにも効果的です。

寝室でアロマを楽しむ方法

寝室の画像

睡眠時は寝室でアロマを使いたいですよね。しかし、使ったことがない人はどうやって使えばいいのか分からないでしょう。そのため、寝室で楽しむおすすめの方法を2つ紹介していきます。

アロマデュフューザーを使う

最もスタンダードな楽しみ方はアロマデュフューザーを使う方法です。すぐ部屋中に香りが充満するため、まるでエステに来ているような心地よい空間を演出できます。

ドライアロマを試す

手元に専用のグッズがないときは、ドライ吸引もおすすめです。コットンや布などにアロマを染み込ませて枕元に置く方法で、手っ取り早く簡単に楽しめます。

まとめ

アロマを使えば夜中に起きてしまったり、ぐっすり眠れなかったりといった症状を改善できるかもしれません。専用の機械がなくても簡単に楽しめるので、快眠したいと思っている方はぜひ試してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA