無印良品

【自宅で楽しむオトナの趣味に】無印良品のミニサイズ色鉛筆で、木のぬくもりに癒されよう!

大人になると、色鉛筆を使う機会はなかなかありません。

でも、だれかに手紙を書くとき、子どものアルバムを作るとき、アイデアを練るとき。ペンよりも、色鉛筆の方が優しくて温かい印象になります。

色鉛筆セットをひとつ自宅に置いておくと、意外と役に立ちますよ。

今回ご紹介するのは、無印良品の色鉛筆です。

無印の色鉛筆

無印良品の「色鉛筆ハーフサイズ・紙管ケース入り」は、木軸で作られた色鉛筆です。

これは36色入りのハーフサイズですが、無印の色鉛筆シリーズは他にも出ています。

・色鉛筆12色(四角い箱に入ったもの)
・色鉛筆36色(紙管ケース入り)
・色鉛筆60色(紙管ケース入り)

上の3つは、ハーフサイズではなく通常サイズの色鉛筆です。

紙の筒に入っています
36色入り

紙の筒に入っていて、色鉛筆の軸木には塗色されていません。

このシンプルさが、無印の良いところですよね。大好きです。

番号で色の名前がわかります

番号が書いてあり、同封の説明書に番号と色の名前が記載されています。

色の名前にとらわれず、目で見て好きな色を選ぶことができるというのは、ちょっと面白いですよね。

ただ、色鉛筆の先が折れたり減ったりしていると、色が分かりにくいと思うことはあります。

ハーフサイズだけど持ちやすい

この色鉛筆の特徴は、珍しいハーフサイズであることと、使っていて木のぬくもりが伝わってくるということ。

子どもの頃は、大好きなピンク色の色鉛筆だけ短い…なんて経験ありませんでしたか?

でも大人になると、色鉛筆を使う機会が減ってしまうので、正直通常サイズは必要ないんですよね。

また、ハーフサイズといっても大人の手でもしっかり持つことができます。

木の質感がとにかく柔らかく、使っているだけで癒されますよ。

小さくてカワイイ

ハーフサイズの良いところはまだあります。

コンパクトで収納に困らない!

36色も入っているのに、しっかりした紙の筒に収まってくれます。机の上にポンと置いておいても、シンプルなのでインテリアの邪魔になりません。

文房具は増えやすいので、なるべく引き出しに入れやすいものや、机の上に置きやすいものを選びたいですよね。

無印の小さな色鉛筆

気になるお値段は、790円(税込)

さすが無印のコスパの良さ。色鉛筆はコレひとつあれば、十分です。

36色の色鉛筆は、相場は1,500円ほど。ハーフサイズなので、お値段もハーフです(笑)

色鉛筆って癒されます

大人になって色鉛筆を使う機会はあまりないのですが、これを購入して、ついお絵かきに夢中になってしまいました。最近は、大人の塗り絵も人気ですよね。

サラサラとした音や、柔らかい描き心地。つい集中して時間を忘れます。

子どものころを思い出して、ぜひ使ってみてください。

ABOUT ME
ケコ
韓国コスメマニアな29歳Webライター。アラサー女性向け美容メディアと、コスメ紹介Instagramを運営しています。最近、自宅でトレーニングと毎日湯船に浸かる習慣をつけたところ、ぐっすり眠れるように。平均睡眠時間は7時間で、無印良品の寝具カバーを愛用しています♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA