マインドフルネス

【2020年版】マインドフルネス瞑想アプリおすすめ5選【無料あり】

やましろ
やましろ

こんにちは、休養メディア「DO-GEN」を運営している山城(やましろ)です。

マインドフルネス瞑想のアプリは世界中でどんどん数が増えてきており、2年前からは日本でも様々なアプリが出てきています。

ただ、非常に数が多いため、初めてマインドフルネス瞑想をやってみたい方はどれを選べば 良いか迷ってしまうと思います。

そこで、今回は僕が10種類以上を実際に使ってみて、初心者の方に最適な5つのアプリを ご紹介します。

この記事がマインドフルネスを気軽に始めるためのきっかけになれば嬉しいです。

マインドフルネス瞑想アプリを選ぶ際の3つのポイント

今回選んだアプリの3つの評価ポイント
  1. ダウンロード無料&日本語対応
  2. 無料コンテンツの量が多い
  3. 継続させるための機能が充実

まずは今回ご紹介した5つのアプリの選び方や評価の方法についてご紹介します。

1. ダウンロード無料&日本語対応

初心者の方が始めやすいという視点から、ダウンロード無料のものに限定しています。

更にダウンロード無料でもすぐ課金しないとほとんどの機能が使えないものは除外しています。

そしてマインドフルネスのアプリは海外のサービスも多いですが、今回は多くの方が簡単に利用できるよう、日本語対応済みのアプリのみをご紹介しています。

2. 無料コンテンツの量が多い

マインドフルネスは基本的に目を閉じて行うので、音声コンテンツによってそれをサポートします。

マインドフルネス瞑想アプリで一番の差別化ポイントになっているのが音声のコンテンツです。

各アプリで様々なプログラムを用意しておりますが、無料で聴くことができる量やそれぞれに質には大きく差があります。今回はそこを重点的に比較しました。

3. 継続させる機能の充実

マインドフルネスは継続することでどんどん効果を実感していくことができますが、続けるのが最大の難関となります。

ダイエットや勉強のアプリと同じ様に、それぞれのアプリで楽しく続けるための趣向を凝らした機能を用意しています。こちらも重要視して選びました。

課金させようとしすぎるアプリについてはこの評価を下げています。

マインドフルネス瞑想アプリ5種類を徹底比較!

無料コンテンツ量 機能 おすすめ度
リルック(Relook)
マインドフルネス・アプリ
メントレ(メンタルトレーニング)
ココルス(cocorus )
Iyashi

「無料コンテンツ量機」と「機能」というポイントで比較した結果、無料で楽しめるコンテンツが豊富で、課金への誘導がしつこくない「リルック Relook」が1位となりました。

逆に無料のコンテンツが少なく課金への誘導がキツい「cocorus ココルス」「Iyashi」は今回は低い評価となりました。

無料のマインドフルネス瞑想アプリ おすすめ5選

マインドフルネス瞑想アプリを上記で比較しましたが、ここではおすすめ順にそれぞれ詳しく解説していきます。

無料で使えるコンテンツがどのくらいあるのかも解説していますので、参考になれば幸いです。

1. リルック(Relook)

マインドフルネス瞑想アプリ リルック
課金料金 月額580円~
コンテンツ内容 目的別コンテンツ(「睡眠&起床」「ストレス」など)、豊富な自然音
備考 シンプルで使いやすい / 無料でも使えるコンテンツ量が多い

今回使ったアプリの中で、最も利用できる音声コンテンツが多いのが最大の特徴です。

課金をしなくても基本的な機能を一通り利用することができ、「マインドフルネス」「睡眠&起床」「ストレス」「仕事&勉強」「不安&心配事」「人間関係」「自分の性格&行き方」など、ジャンル分けされた膨大な量の音声コンテンツの中からかなりの量を聴くことができます。

瞑想をした時間がカレンダーに自動的に記録されたり、継続日数などにより称号としてのメダルが付与されるなど、継続させるための機能もしっかりあります。

課金に対する誘導がそこまでキツくなく、有料会員も月額580円〜と非常に良心的な点も高評価のポイントです。

Relookの無料ダウンロードはこちら

運営会社 : Relook株式会社

2. マインドフルネス・アプリ

マインドフルネス瞑想アプリ Iyashi
課金料金 月額1,200円~
コンテンツ内容 初心者向け日本語コンテンツ、時限セッション、パーソナライズ瞑想
備考 カスタマイズ性が高い/ 無料でも使えるンテンツ量が多い

スウェーデンの会社がリリースしているアプリで、130カ国で利用され数百万ダウンロードされているとのこと。

無料で初心者向けのマインドフルネス瞑想日本語コンテンツや、あらかじめ用意された3分、5分、15分、30分などのセッションなどが使いやすいです。

自分でセッションの長さを決めたり、BGMを決めたりセッションを自由にカスタムできる機能も無料で使用できます。

月額1,200円〜の課金を行うと大量の音声コンテンツを聴くことができるようになるが、全て英語のようなので英語が得意な方以外は課金は不要です。

AppStoreから無料でダウンロード

GooglePlayから無料でダウンロード

運営会社 : MindApps

3. メントレ (メンタルトレーニング)

マインドフルネス瞑想アプリ メントレ
課金料金 無し
コンテンツ内容 呼吸瞑想、ボディスキャン瞑想
備考 メンタリストDaiGo監修/ ユニークな機能

あのメンタリストDaiGoさんが監修しているというアプリで、DaiGoさんの弟さんが制作されたアプリのようです。

コンテンツには呼吸瞑想とボディスキャン瞑想があります。

呼吸瞑想では、瞑想時にiPhoneのカメラレンズに指先を当て、心拍変動を計算するという独自の機能で呼吸に意識を向ける集中力やストレス軽減などの効果が得られるとされています。

ボディスキャン瞑想では、音声ガイドに従い体の部位に意識を向けた瞑想を手伝います。

音声コンテンツは人工音声なので聞いていて違和感がありますが、カレンダーに自動的に記録していく機能などもちゃんと用意されています。

全て無料で提供されていて課金はありません。バナー広告が表示されていますがかなり控えめで良心的です。

AppStoreから無料でダウンロード

運営者 : keigo matsumaru

4. ココルス(cocorus)

マインドフルネス瞑想アプリ cocorus
課金料金 月額600円〜
コンテンツ内容 呼吸瞑想、ボディスキャン瞑想
備考 ヨガと瞑想を融合/ 課金への誘導がしつこい

以前は「寝たまんまヨガ」という名前で200万ダウンロードされたアプリが2019年に大幅にリニューアルし「cocorus ココルス」になりました。

「寝たまんまヨガ」は寝たままの状態でできるヨガのコンテンツが豊富でした。

睡眠状態と覚醒状態の間になり、神経をリラックスさせていくようなヨガ(ヨガニドラー)で、リニューアルしてマインドフルネスのアプリになっています。

ASMRや癒やし系のサウンドは無料で使えるコンテンツがありますが、マインドフルネスの無料音声コンテンツは見つかりませんでした。

課金すると「ぐっすり眠れる」「集中力UP」「孤独感からの解放」「不安をやわらげる」「イライラを緩和」「緊張をリセット」などの音声コンテンツや、竹達彩奈さんなど有名声優が語る音声コンテンツなど、独自コンテンツは豊富にあるようです。

会員登録せずに簡単に始めることができますが、課金への誘導はかなりキツイです。

有料版は600円/月〜と良心的な価格に設定されています。

AppStoreから無料でダウンロード

GooglePlayから無料でダウンロード

運営会社 : エキサイト株式株式会社

5. Iyashi

マインドフルネス瞑想アプリ Iyashi
課金料金 3ヶ月6,000円(月額2,000円)
コンテンツ内容 呼吸瞑想、ボディスキャン瞑想
備考 デザインが良い/ 課金への誘導がしつこい

無料で使えるコンテンツは少なく(2020年1月時点では3本)、課金への誘導がかなりキツくなっています。

他のアプリでは無料で提供されてるような基本の瞑想コンテンツも3分程度の簡易なものしかありません。

デザインは可愛く、課金すると300以上の音声コンテンツが利用可能らしいのですが、無課金で使うのはおすすめできません。

有料版も3ヶ月6,000円とかなり高額に設定されています。

AppStoreから無料でダウンロード

運営者 : Norihide Maeda

日本語対応しているマインドフルネス瞑想アプリはどれ?

マインドフルネスは日本に先行して欧米各国で人気になったので、アプリも英語圏のアプリが充実しています。

AppStoreやGooglePlayで「mindfulness」で検索すると、「Headspace(ヘッドスペース)」や「Calm(カーム)」というアプリが上位に表示されます。

「Headspace(ヘッドスペース)」は190カ国6,000万人のユーザーを抱えていて、「Calm(カーム)」は企業価値が10億ドルにとなったことで有名ですが、これらのアプリは日本語が用意されていません。

欧米のアプリで日本語コンテンツが用意されているものは、先程ご紹介した「マインドフルネスアプリ」や世界で500万人以上の利用者がいるという「Meditopia」などごく一部になります。それも全てのコンテンツが日本語化されてるわけではありません。

ですので、英語が得意な方以外は、日本語をメインで作られたアプリを利用されることをおすすめします。

iPhoneとAndroidで使えるマインドフルネス瞑想アプリはどれ?

iPhone (iOS) Android
リルック(Relook)
マインドフルネス・アプリ
メントレ(メンタルトレーニング)
ココルス(cocorus)
Iyashi
メディトピア(Meditopia)
 ヘッドスペース(Headspace)
 マインドフルネス瞑想
 プラナブレス
 メイスーン(MEISOON)

これはどのアプリでもそうなのですが、日本ではAndroidよりiPhoneの方がユーザー数が多く、更にアプリをダウンロードする数量や利用する頻度が高いと言われています。

そのため事業者はアプリをリリースする場合、初期はiPhoneアプリのみでサービス提供しているケースも多く見られます。

今日ご紹介したアプリの中でも、「メントレ (メンタルトレーニング)」と「Iyashi」はAndroidアプリは発見できませんでした。

つまりiPhone版とAndroid版の両方がでているアプリは、それなりにユーザーが多いアプリである可能性が高いと言えます。

初心者はまずは複数ダウンロードして使ってみましょう!


マインドフルネスや瞑想を始められる方は、まずは上記のご紹介を参考にしていただき、複数のアプリをダウンロードすることがオススメです。

それぞれの無料音声コンテンツを聴き比べたり、アプリの使い勝手を試してみたりしてみてください。

実際にマインドフルネス瞑想を体験しながら聴いてみると、それぞれのアプリでコンテンツの内容やナレーターの性別や喋り方なども違いますし、アプリのデザインや操作性などの特徴も様々です。

色々なアプリを試してみながらご自身に合ったものを見つけましょう。

マインドフルネス瞑想アプリについてのまとめ

マインドフルネス瞑想アプリまとめ
  • 日本でもたくさん瞑想アプリが増えてきている!
  • 選ぶポイントとしては、ダウンロード無料&日本語対応のものがあげられる
  • さらに、継続させるような機能がついていると望ましい
  • 無料のマインドフルネスアプリでは、リルック(Relook)が豊富なコンテンツでおすすめ!
  • アプリの使い勝手は好みもあったりする。複数ダウンロードしてそれぞれ試してみることも大切。
  • また、音声コンテンツだけではなく、ナレータの声質なども様々。無料コンテンツをどんどん聞いて、自分に合ったものを見つけて行くべき!

以上がマインドフルネス瞑想アプリのまとめになります。

今回比較した5種類の無料アプリの中では、無料でもコンテンツが豊富なリルック(Relook)が特におすすめです。

興味のある方はぜひ気軽に試してみていただきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

マインドフルネス瞑想アプリのランキングをもう一度見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です