リカバリーウェア

【2021年版】リカバリーウェア10社を徹底比較してその効果やおすすめを解説します!

リカバリーウェアの10社比較

やましろ
やましろ
こんにちは、休養メディア「DO-GEN」を運営している山城(やましろ)です。

休養時に着用することで疲労回復をサポートする「リカバリーウェア」という衣類があります。

ただ、リカバリーウェアには多くのメーカーがあり、どれが本当に良いのか判断するのは難しいのが現状です。

そこで、この記事では「使用素材」「価格」「実証実験の有無」などの観点から10社を比較し、疲労回復に本当におすすめできるのはどれなのかを検証しています。

リカバリーウェア選びの参考に少しでもなれば嬉しいです。早速解説していきます。

先にリカバリーウェアのランキングを見る

 

そもそもリカバリーウェアとは?どのような種類があるのかも解説!

リカバリーウェアとは

リカバリーウェアとは、着ることで疲労を回復することを目的とした衣類です。

アスリートが着用したり、有名アーティストや芸能人の方々も着用しているため、ここ数年で非常に注目を集めています。

着圧タイプと非着圧タイプに分かれるので、就寝時は非着圧タイプのものが快適です。

リカバリーウェアは、着用することで睡眠時の疲労回復をサポートしてくれるため、忙しい毎日を過ごしている方にはとてもおすすめのアイテムです。

リカバリーウェアの選び方の重要3ポイントを解説!

ここでは、リカバリーウェアの選び方について解説していきます。

リカバリーウェアはメーカーによって、使われているリカバリー素材や締め付け具合などが大きく異なります。

1.着圧か非着圧か(締め付けるor締め付けない)

リカバリーウェアの着圧と非着圧

リカバリーウェアは主に「着圧によって疲労回復を図るタイプ」と「特殊素材によって疲労回復を図るタイプ」の2つに分けられます。

着圧タイプは疲労回復効果が確かにあるのですが、苦しさを感じる場合があり、よほどなれていないと睡眠時に着るのは厳しいです。

そのため、着圧のリカバリーウェアはスポーツ直後などに着るのに向いています。

非着圧タイプのリカバリーウェアは睡眠時にパジャマ代わりとして着れるため、コストパフォーマンスも良く快適でおすすめです。

2.価格が高すぎないか

ブランド名 価格
BSfine(ビーエスファイン) 5,500円~
C3fit(シースリーフィット) 7,700円~
UNDERARMOUR(アンダーアーマー) 9,889円~
VENEX(ベネクス) 9,900円~
リフランス  11,000円~
SKINS(スキンズ 13,000円~

※全て半袖のTシャツタイプで比較

リカバリーウェアは、基本的に価格帯が非常に高いです。

例えば半袖Tシャツで1万円を切っているブランドはあまりありません。。

価格が高ければ効果が高いというわけではなく、大学や研究機関などの実証実験で疲労回復のエビデンス(科学的根拠)を取得しているかを見極める必要が出てきます。

エビデンスについては下記で説明します。

3.エビデンス(科学的根拠)があるか

技術(ブランド) エビデンス
(科学的根拠)
基本素材
BSファイン
(BSfine)
不明 ブラックシリカ
光電子
(C3fit)
大阪府立大学で実証実験あり セラミックス
セリアント
(アンダーアーマー)
アメリカにて医療機器認定
大阪府立大学で実証実験あり
チタン、アルミ、ケイ素など13種類の微細な鉱石
プラウシオン
(リフランス)
復旦大学で実証実験あり シリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石
PHT
(VENEX)
不明 ナノプラチナなど?
A.A.TH
(スリープデイズ)
不明 微小貴金属

※追記:VENEXのサイトから論文が削除されていたので修正させていただきました。(2020年11月)

リカバリーウェアには様々な特殊素材が使われているのですが、これらは大学や研究機関で実証実験によるエビデンス(科学的根拠)が取得されているものと取得されていないものがあります。

実証実験がされているものはしっかりと素材の詳細にその旨が記載してあり、例えば「セリアント」や「光電子」という素材は大阪府立大学で実証実験が行われています。

また、セリアントやリフランスなどは一般医療機器に認定されている商品もあ「疲労回復」などの効果を表記して販売している商品もあります。

そのため、リカバリーウェアを選ぶ際には、使用素材が本当にエビデンスを取得しているか確認するのがおすすめです。

リカバリーウェア10社を3つの項目から徹底比較!

非着圧 価格 リカバリー素材 総合評価
C3fit(シースリーフィット) 非着圧 7,700円~ 光電子
BSfine(ビーエスファイン) 非着圧 5,500円~ ブラックシリカ
(鉱石)
アンダーアーマー 着圧 9,889円~ セリアント
リフランス 非着圧 11,000円~ プラウシオン
(トルマリン)
befit ビーフィット 着圧 9,800円~ 光電子
VENEX(ベネクス) 非着圧 9,900円~ PHT
SKINS 着圧 13,000円~ なし(着圧)
SLEEP DAYS 非着圧 12,000円~ A.A.TH
アットラウンジ 非着圧 63,000円~ 光電子
オンヨネ 非着圧 18,000円~ A.A.TH

リカバリーウェア10社を、「着圧or非着圧」「Tシャツの最低価格」「使用素材」の3項目で比較しました。

着圧と非着圧でいえば、睡眠時に着用するのは圧倒的に「非着圧」タイプがおすすめです。

また、価格は非常に幅があり、高いものでは5万円を超すものもあります。

素材については、赤字のものは実証実験が行われている素材です。セリアント、光電子、プラシオンがこれに該当しました。

これらをふまえて、下記ではリカバリーウェア10社をおすすめ順に詳しく解説していきます。

【2021年最新】リカバリーウェアおすすめランキング10選!

リカバリーウェア10社を、本当に疲労回復におすすめな順番に解説していきます。

主な評価ポイントは「着圧or非着圧」「価格」「素材のエビデンス」です。リカバリーウェア選びの参考に少しでもなれば嬉しいです。

リカバリーウェア1位:C3fit シースリーフィット (Re-Pose リポーズ)

C3fit
価格 ウェア:7,700円~
腹巻き:4,440円
非着圧 or 着圧 非着圧
備考 光電子使用 / 遠赤外線 / ラグビー日本代表着用 / エビデンスあり
総評

C3fit(シースリーフィット)はリカバリーウェアの中で知名度が高いブランドです。C3fitはラグビー日本代表の公式コンディショニングウェアとなっています。

着圧のタイツなどもありますが、リカバリーウェアの「Re-Pose(リポーズ)」シリーズは非着圧となっています。

こちらは「光電子」というリカバリー素材を使用しています。光電子はセラミックが基盤になった素材で、アウトドアブランドのTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)のダウンジャケットなどにも使われています。

非着圧設計なので休養時に体を締め付けることはなく、光電子はリカバリーについてもある程度エビデンスも豊富で、C3fit シースリーフィット (Re-Pose リポーズ)は一番安いウェアが7,700円からと購入しやすいのが高評価となりました。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア2位:BS FINE (BSファイン)

BSFINE
価格 ウェア:8,500円~
ネックウォーマー:5,000円~
腹巻き:11,500円
非着圧 or 着圧 非着圧
備考 ブラックシリカ使用 / 秋冬向け /低価格/ テレビ通販で人気
総評

BSfine(ビーエスファイン)は、テレビ通販などで幅広い層に非常に人気が高いリカバリーウェアです。

疲労回復を目的とするよりは「暖かさ」に焦点をおいている女性に向けた商品で、今回ご紹介しているブランドの中でも一番売上枚数が多いリカバリーウェアブランドだと思われます。

膝やお腹を温めるのには非常に適している商品で、冬の睡眠時には重宝しそうです。

更に価格が非常に安いのが強みです。

ただ、「着る岩盤浴」というキャッチフレーズの通り非常に温かいウェアなので、冬以外に使うのが難しいのが難点かもしれません。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア3位:アンダーアーマー

アンダーアーマー
価格 ウェア:9,889円~
非着圧 or 着圧 非着圧
備考 知名度が高い / 着圧タイプ / セリアント使用 / 熱放射によるリカバリー/ ワールドビジネスサテライトで特集あり
総評

アンダーアーマーは、スポーツウェアで有名なブランドです。

セリアントというリカバリー素材を使用しており、休養ウェアの中でも非常に人気が高く、アスリートや芸能人の方の愛用者が多いです。着圧タイプではないため、寝る際もリラックスして眠ることができます。
セリアントはFDA (アメリカ食品医薬品局)より医療機器としての認定されており、エビデンスも豊富ですので、かなり効果は期待できると言って良いと思います。

ワールドビジネスサテライトなどメディアでの紹介実績も多数あり、アメリカンフットボールのスターであるトム・ブレイディ選手と共同開発したというストーリーもアスリートにとっては安心材料の一つと言っていいでしょう。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア4位:Befit(ビーフィット)

befit ビーフィット
価格 ウェア:9,800円~
非着圧 or 着圧 着圧
備考 女性向け / 着圧タイプ / 光電子使用 / タイツあり
総評

ビーフィットは、光電子を使用したリカバリーウェアです。

光電子は前述した通りリカバリーに関して科学的根拠があるのですが、ビーフィットは女性向け商品のみで、さらに着圧タイプになるため寝ながらの着用がしづらいです。

スポーツ後などに着るのであれば良いですが、就寝時のリカバリーウェアとして着用するのは苦しさを感じる場合があり、おすすめできないのが現状です。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア5位:VENEX(ベネクス)

venex
価格 ウェア:9,900円~
アイマスク:3,240円~
腹巻き:3,800円
非着圧 or 着圧 非着圧
備考 特殊素材PHTを使用(東海大学・神奈川県と共同研究という記載がありましたが、詳細はわかりませんでした)
総評

VENEXリカバリーウェアは、かなり老舗のリカバリーウェアブランドです。
以前はスポーツっぽいデザインでしたが、現在はシニアの女性をターゲットにしているようです。

気になるのは、WebサイトからPHT素材に関する論文などが消えていたことと、一般医療機器も取得していないことです。
Webサイトなどを見ても特に効果に関する言及がなく、「リカバリーをコンセプトとしたルームウェア」というブランドと考えるのが良さそうです。

価格は高めですが、最近はアウトレットサイトのGLADDなどでよく50%オフセールをやっているので気になる方はそのタイミングで購入するのが良いかと思います。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア6位:SLEEP DAYS(スリープデイズ)

SLEEP DAYS
価格 ウェア:12,000円~
非着圧 or 着圧 非着圧
備考 非着圧設計 / AATH素材使用
総評

スリープデイズは、A.A.THというリカバリー素材を使用したリカバリーウェアです。

A.A.TH素材について詳しく調べてみると、体から出た熱エネルギーを蓄積して放射するため血液をサラサラにすると記載があります。

しかし、血液をサラサラにするという点では科学的根拠(エビデンス)が示されているわけではありませんでした。

そのため、触り心地はたしかに良いのですが、リカバリー効果があるかというと正直なんともいえないのが現状です。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア7位:SKINS(スキンズ)

SKINS
価格 ウェア:13,000円~
非着圧 or 着圧 着圧
備考 着圧タイプ / リカバリー素材配合なし / スポーツウェアとして知名度が高い
総評

スキンズはリカバリーウェアの中でも比較的知名度が高いブランドです。

ただ、スキンズのウェアにはリカバリー素材が含有されているわけではなく、着圧によって疲労を回復する方式になります。

そのため、スポーツ後などの疲れをとるのには非常に向いているのですが、睡眠時のリカバリーウェアとしてはおすすめできません。

しかし、スキンズのウェアは非常に素晴らしい品質で、日中に着るウェアとしてはこれ以上ないほど良いパフォーマンスを発揮できるので、スポーツウェアとしては非常におすすめです。

※追記:2019年秋冬で販売終了していました

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア8位:ONYONE(オンヨネ)

オンヨネ
価格 ウェア:18,000円~
非着圧 or 着圧 非着圧
備考  AATH使用
総評

オンヨネは、AATHというリカバリー素材を使用したウェアです。

AATHは「人体からの熱を吸収し、変換して再放射する」という説明がありますが、これが疲労回復に対して効果があるのかを行った実験が見当たりませんでした。

疲労回復についても曖昧な記述しかないため、本当に疲労回復できるのか疑問が残ります。

価格も18,000円からと高いため、正直リカバリーウェアとしてはおすすめできないのが現状です。

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェア9位:@LOUNGE(アットラウンジ)

アットラウンジ
価格 ウェア:63,000円~
アイマスク:3,240円~
腹巻き:
非着圧 or 着圧 非着圧
備考 光電子使用 / 価格が高い
総評

アットラウンジは、光電子というリカバリー素材を使用したリカバリーウェアです。

光電子は前述した通りリカバリー効果がある程度認められているのですが、こちらの商品は6万円以上と価格が高すぎるのがネックです。。。

リカバリーウェアの側面もあるのですが、富裕層向けのパジャマといった位置づけです。

デザインが相当気に入ったのであれば買うのもありですが、6万円あれば他のリカバリーウェアが2~3セット買えてしまうのでおすすめできません。

@LOUNGEの詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

リカバリーウェアを買うなら科学的根拠があり非着圧の「C3fit」か「BSfine」がおすすめ!

c3fit
  • 科学的根拠(エビデンス)がある素材を使用
  • 非着圧なので締め付けずに快適に眠れる
  • 価格も高すぎず、1万円を切るコスパの良いモデルがある

リカバリーウェアの中で最もおすすめなのはC3fit(シースリーフィット)BSfine(ビーエスファイン)です。

C3fit(シースリーフィット)はスポーツ選手に愛用されているのを見かけますし、著名人の方々の使用者も多いです。

使用されている光電子は実証実験が行われています。着圧タイプではないので睡眠時もリラックスして着用できます。
安いモデルはTシャツで1万円を切りますし、1年中使えるためコストパフォーマンスが良いです。

デザインは男性・20〜40代・アスリートに好まれそうなデザインです。

BSfine(ビーエスファイン)は特に冷えに困っている女性にはおすすめです。

どちらも初めてリカバリーウェアを買う方にもおすすめなので、気になる方はチェックしてみて下さい。

リカバリーウェアの口コミは嘘?真相について

リカバリーウェアの口コミは嘘?

リカバリーウェアの口コミを調べていると、「めちゃくちゃ回復した感じがする!」という称賛の声から「全然効果感じなかった・・・」という声まで様々なものがあります。

正直なところ、科学的根拠に乏しい商品ではリカバリーを実感しづらいのが現状です。

各商品の口コミを楽天やamazonで見ていると、エビデンスがあるリカバリーウェアは総じて評価が高い傾向にありました。

ブランドによって効果は異なるので、口コミが嘘というよりは、ブランドごとのリカバリー効果に差があるといえます。

リカバリーウェア 効果なし
リカバリーウェアは嘘?効果なし?!各社の使用者の口コミから効果を徹底検証しました。「リカバリーウェアって本当に効果あるの?」 「疲労が回復するって本当?」 この記事を読まれているあなたは、上記のように思われてい...

リカバリーウェアは本当に効果ある?

リカバリーウェアに本当に効果があるのかについて解説します。

色々なリカバリーウェアがありますが、実証実験が行われている素材を使用したウェアであれば効果があります。

たとえば、C3fit(シースリーフィット) に使われている光電子を着用したグループに、唾液中に含まれる免疫ホルモン(イムノグロブリン)の減少抗酸化力は有意な向上、活性酸素量は有意な減少が見られたという結果が出ています。

そのため、効果を実感したい方は科学的根拠のある素材を使用したリカバリーウェアを使用することをおすすめします。

リカバリーウェアについてまとめ

リカバリーウェアについてまとめ
  • 着圧タイプと非着圧タイプがある
  • 睡眠時に着るなら非着圧タイプがおすすめ
  • 価格が高すぎるものは避けたほうがコスパ良い
  • 実証実験が行われていて科学的根拠があるリカバリーウェアを選ぶ
  • メーカーによって使われているリカバリー素材が異なるので注意

リカバリーウェアについてまとめると上記のようになります。

着圧で締め付けがあるタイプと、非着圧でゆったり着れるタイプがありますが、睡眠時に着用するのであればゆったり着れる非着圧タイプがおすすめです。

リカバリーウェアは安い買い物ではないので、この記事が少しでも選び方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

リカバリーウェアのランキングをもう一度見る