中国語講座

【面白い中国語】「原子笔」って何だろう?その意外な由来とは?

皆さん、さっそくですが

 

「原子笔」

 

という中国語をご存じでしょうか?

 

原子笔」って?原子と名づけられているけど!?

 

」は「筆」を意味する簡体字です。

 

「原子」と名づけられているので、何か凄そうな筆なのかなと思いきや…

 

実はどこにでもある文房具のことを指します。

 

いったいどういうものなのでしょうか?皆さんは分かりましたか?

 

原子笔」の由来が実は意外だった!?

正解は。。。

 

「ボールペン」

 

のことでした!「yuán zǐ bǐ (ユエンツーピー)」と読みます。

 

それにしても、なぜボールペンのことを関係なさそうな「原子」という言葉を用いて「原子笔」と呼ぶようになったのでしょう?

 

ボールペンが発明されたのは第二次世界対戦終戦前後の1945年頃と言われています。

 

万年筆が主流の当時としては「液をつける必要がない」商品として画期的なものでしたが、中国に輸入された当初は無名でした。

 

そこでボールペンを輸入した業者が、当時の先端科学技術の代名詞であった「原子」という言葉を用いて「原子笔」と名付けて販売したところ、それがそのまま定着したのだそうです。

 

今では一般的に使われている「原子笔」も実は意外な由来があったんですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA