ダイソー

【ダイソー】の自動製氷機洗浄剤で掃除しにくい場所もしっかり洗浄!給水タンクに入れるだけでとっても簡単!

突然ですが…冷蔵庫に付いている自動製氷機の掃除ってどうしていますか?

我が家では時々給水タンクや製氷皿を食器用洗剤で洗ってはいましたが、水の通り道となる管のお手入れ方法が分からず手を付けられずにいました。

最近ダイソーで画期的な商品を見つけて、この悩みを解決することが出来ました!

『ダイソー 氷Clean 自動製氷機洗浄剤』の紹介です。

自動製氷機洗浄剤剤のパッケージ

ダイソーのキッチン用品売り場に陳列してありました。

自動製氷機の水の通り道となる給水タンクの管や、製氷機と連結している管のお手入れもこれで出来ちゃいます。

パッケージ裏面

成分はクエン酸と食品添加物色素です。

クエン酸は食品にも使われている自然由来の成分なので、洗浄剤としても安心ですね!

カビや水垢の除去や除菌の効果が期待できます。

食品添加物色素は、氷に着色して洗浄中であることを分かりやすくするための役割があるようです。

洗浄中シールも付いています

洗浄中の氷を間違って食べてしまわないように「洗浄中」のシールも付いていました。

3包入り

薄ピンク色の粉末が、3回分に分けて入っています。

給水タンクを取り出して準備中

早速自動製氷機の洗浄を始めて行きます。

まず製氷皿の氷と、給水タンクの水を全て取り除きます。

この時、給水フィルター内の浄水フィルターを取り外すことを忘れないようにしましょう

私は浄水フィルターを取り外し忘れて、洗浄を行ってしまいました…。

次回からは忘れないようにしたいと思います!

洗浄前の準備中

給水タンク内に水道水を約300mlを入れ、粉末1包分を入れて完全に溶けるようにスプーン等でよくかき混ぜます。

ピンク色の水なので、洗浄中であることが分かりやすい

給水タンクを冷蔵庫内にセットします。

ピンク色の氷が出来ました

クエン酸入りの洗浄液が、自動製氷機の管を通ることで洗浄されるという仕組みです。

しばらくすると、ピンク色の氷が貯氷ケースに貯まってきました!

シールを貼っておくと安心です

家族が誤って洗浄中の氷を食べないように、ドアの部分に「洗浄中」のシールを貼っておきました。

給水タンク内の洗浄液がなくなったら、水道水を入れて数回製氷します。

2回ほど製氷したら、氷に色が付かなくなったので洗浄完了のサインです。

洗浄液を入れて放置し数回給水タンクを補給すれば良いだけなので、とっても簡単に洗浄出来ました!

洗浄を開始すると完了まで半日~1日程度は製氷機が使えないので、その点は注意が必要だと感じました。

 

以上、この記事では『ダイソー 氷Clean 自動製氷機洗浄剤』を紹介しました。

価格は税込110円

普段なかなか行き届かない、自動製氷機の水の通り道を簡単に洗浄できる便利グッズです!

気になった方はダイソーでチェックしてみて下さいね。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA