英語読み方講座

【意外と読めない英単語】「cashier」を「キャッシャー」と読んでも伝わらない?伝わる読み方を今すぐチェック!

「cashier」

スーパーやショッピングモール、デパートなど、お買い物中によく見かける単語ですね。

実は意外な落とし穴があって、間違った読み方を覚えてしまっている人が多い単語の1つなのです。

cashier」の読み方と意味のヒントは?

 

アクセントはどこに付けますか?

 

「a」に付けて「キャッシャー」と読んでいませんか?

ネイティブの発音では、アクセントの位置が「a」ではないところに付きます。

 

cashier」の読み方と意味の正解は…

 

「cashier」は「会計カウンター」、「レジ係」を指す単語です。

 

では、読み方は?

 

「キャッシャー」ではなく、「キャシア:kæʃíɚ/kæʃíə」です!

 

問題となるアクセントは、「i」に付けます。

 

「cash」と同じように「a」にアクセントを置いてしまうと、海外で会計カウンターの場所を尋ねても、通じないかもしれません💦

 

日常生活や旅行中によく使う単語なのに、意外と読み間違いの多い「cashier」。

あれ?通じないぞと思ったら、アクセントの位置を思い出してくださいね♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA