漢字読み講座

「惜敗」「沐浴」「遖」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「惜敗」「沐浴」「遖」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「惜敗」

「惜敗」の読み方をご存知でしょうか?

まさか「ざんぱい」と読んでいませんよね?

「ざんぱい」は「惨敗」と書くので、間違えないように注意しましょう。

それでは「惜敗」は何と読むか、あなたにはわかりますか?

「惜敗」の読み方のヒントはこちら

  1. 「惜」の読み方が同じ熟語は「惜別」「哀惜」など
  2. 「敗」の読み方は「はい」
  3. 意味は試合などにわずかな差で負けること

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「惜敗」の読み方!正解は…!?

正解は「せきはい」です!

冒頭でお伝えしたように「惨敗」と間違えやすいのですが、惨敗は試合などで大差で負けることをいいます。

惜敗はわずかな差なので、意味が異なりますね。

「惜」と「敗」のどちらも簡単な漢字なのに、熟語になると読めない人が多かったかも知れません。

ちなみに「別れをおしむ」という意味の「惜別(せきべつ)」は、森山直太朗さんの「さくら」で使われているので、ご存知の方も多いでしょう。

2問目はこの漢字!「沐浴」

「沐浴」の読み方をご存知でしょうか?

「りんよく」ではありませんよ。

木が2つで「林」ですが「沐」はさんずい編に「木」です。

さて、あなたには読むことができますか?

「沐浴」の読み方のヒントはこちら!

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 赤ちゃんをお風呂に入れること
  3. 「恩恵を受ける」という意味もあります

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「沐浴」の読み方!正解は…!?

正解は「もくよく」です!

赤ちゃんをお風呂に入れることを「沐浴(もくよく)」といいますが、沐浴と呼べるのはベビーバスなどを使う場合だけ。

浴槽に入れる場合は、沐浴ではなく入浴と呼びます。

また、沐浴には宗教的な意味合いもあり、宗教的儀礼として水で体を洗い清めることも「沐浴」です。

さらに、水や湯に浸かること以外に「恩恵を受ける」といった意味も。

ちなみに、沐浴の「沐」は髪を洗うこと、「浴」は身体を洗うことを指しています。

ちょっとした豆知識として覚えておくといいかも。

最後はこの漢字!「遖」

「遖」の読み方をご存知でしょうか?

南という字がついていますが「なん」ではありません。

楠という字にも似ていますが「くす」とも違いますよ。

初めて見る人が多いかも知れない漢字ですが、あなたには読むことができますか?

「遖」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. りっぱな行動や成果を褒める時に使う言葉です
  3. 殿様のセリフ「〇〇〇〇じゃ!褒美をつかわす」

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「遖」の読み方!正解は…!?

正解は「あっぱれ」です!

国字(こくじ)という言葉を聞いたことがありますか?

国字とは、日本で作られた漢字をいい「遖」も国字の1つです。

多くの国字には音読みがなく「遖」という字の読み方も訓読みの「あっぱれ」だけで、音読みは存在しません。

また、「天晴」や「天晴れ」と書いても、「あっぱれ」と読むことができます。

「遖」という字は、南方面へ行くと天が光輝いているという意味です。

「天晴れ」の意味を一字で表したのが、「遖」なのですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA