漢字読み講座

【今日の難読漢字5選】「存える」「掌る」「設える」「頃く」「済う」使いこなせたらかっこいい!

今日の難読漢字は

「存える」

「掌る」

「設える」

「傾く」

「済う」

 

の5つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「存える」

「存える」

何と読むかわかりますか?

この字は「保存」や「存続」などの単語に使われるため、

親しみ深い漢字ですよね。

訓読みでは「そん」「ぞん」と読みますが…

「存える」は「そんえる」「ぞんえる」とは読みません。

「存える」の読み方のヒントはコレ!

  • ヒント1:長い時間が経過したさまを表す
  • ヒント2:「生き存える」という言い方もある

そろそろわかりましたか?

「存える」の読み方!正解は…?

「存える」の読み方、正解は…

「ながらえる」です!

  • 長く生き続ける。生き延びる。
  • 長い時間を経る。
  • 長続きする。

このような意味を持つ言葉です。

「存」は、「ある」「いる」「生きている」など

存在していることを表す漢字でもあるため、

「存える」の読み方もイメージしやすいですよね。

「存える」の用例は?

「存える」の用例を2つご紹介します。

  • 病気と闘いつつも、なんとか永らえた。
  • 当時の震災から生き永らえた人物に話を聞く。

このように、「誰かが生きていること」、

「存在していること」を表現するときに使います。

「存命」という単語とほぼ同じなんですね。

「存える」は、小説などで見かける可能性の高い漢字です。

「あれ?何て読むんだっけ…」と慌てないためにも、

正しい読み方を覚えておきましょう!

次の難読漢字は「掌る」

「掌る」

何と読むかわかりますか?

掌は、さまざまな読み方を持つ漢字です。

「てのひら」「しょう」「たなごころ」という読み方もありますが…

「る」の送り仮名がつく場合、違う読み方をする必要があります。

「掌る」の読み方のヒントはコレ!

  • ヒント1:「体温調節を掌る器官」という使い方をする
  • ヒント2:類語は「受け持つ」「引き受ける」「請け負う」

手のひらをイメージしつつ、読み方を考えてみてください。

そろそろわかりましたか?

「掌る」の読み方!正解は…?

「掌る」の読み方、正解は……

「つかさどる」です!

先ほど紹介したように、

  • 職務や任務として取り扱うこと。
  • 仕事や役割を担当すること。

このような意味を持つ言葉です。

仕事では手のひらを使うため、イメージしやすいですよね。

「掌る」の同訓異義語は?

「つかさどる」という読み方をする漢字は、ほかにもあります。

それらの違いについても見ていきましょう。

  • 「掌る」…役目としてその仕事を担当すること。取り扱うこと。「会計を掌る」「消化を掌る器官」
  • 「司る」…責任者として仕事を行うこと。支配・管理すること。「党務を司る」「組織を司る」
  • 「宰る」…主任者として仕事を切り盛りすること。「宰相(さいしょう)」「主宰(しゅさい)」

厳密な違いを覚えて使い分けるようにすると、箔がつきますよ。

ちなみに、「掌る」は表外読みで、漢検準1級レベルに相当する読み方です。

読めなかった人はこれを機に覚えておきましょう。

続いての難読漢字は「設える」

「設える」

何と読むかわかりますか?

「設備」や「設定」など身近な言葉に使われる漢字ですが、

「設える」は「せつえる」とは読みません。

「設える」の読み方のヒントはコレ!

「設える」の読み方のヒントを2つ発表します。

  • ヒント1:「設」は「置くこと」「使えるようにすること」を指す漢字
  • ヒント2:「設える」は「飾り立てる」という意味を持つ

そろそろわかりましたか?

「設える」の読み方!正解は…?

「設える」の読み方、正解は……

「しつらえる」です!

聞きなじみのある言葉だと感じた人も多いでしょう。

意味は、「ものを部屋に備え付けること」

「ものを配置して部屋を整えること」です。

お客さんや家族のために部屋を整えるとき、

「設える」と表現することもあります。

「設える」の用例は?

用例についても見ていきましょう。

  • 部屋に本棚を設える
  • アンティーク調の家具を設える
  • 庭に新しい物置を設える

このように、「どこかに何かを備え付けた」という文脈で使います。

また、単純に「部屋を設える」と使うこともあります。

「綺麗に整える」「美しく飾り付ける」という意味になり

部屋や空間へのこだわりを表現するときに最適な表現です。

「本棚を設置した」「物置を建てた」というような言い回しよりも

上品な印象を与えることができます。

お気に入りの家具や雑貨を購入したとき、

いつもより時間をかけて部屋を整えたとき、

ぜひ「設える」という言葉を使ってみてくださいね。

次の難読漢字は「頃く」

「頃く」

見慣れた漢字が使われている言葉ですが、

何と読むかわかりますか?

時を表す漢字「頃」に、送り仮名の「く」がつく場合、

「ころく」とは読みません。

では、どんな読み方をするのでしょうか?

「頃く」の読み方のヒントはコレ!

  • ヒント1:時間を表す言葉
  • ヒント2:「頃刻」「暫時」と同じ意味の言葉

「頃く」は漢字の通り、時を表すときに使う言葉です。

そろそろわかりましたか?

「頃く」の読み方!正解は…?

「頃く」の読み方、正解は……

「しばらく」です!

読み方通りの意味ですが、

「わずかな時間」「少しの時間」などと言い換え可能です。

「頃く」の用例は?

用例についても見ていきましょう。

  • 頃くお待ちいただけますか?
  • 彼が来るのを頃く待ったが、とうとうその場に現れなかった

接客の経験がある人にとっては、なじみ深い言葉のひとつですよね。

ちなみに、しばらくと読む漢字はほかにも複数あります。

  • 暫く
  • 姑く
  • 且く
  • 須臾

「暫く」以外はほとんど見かけることのない漢字ですよね。

古文や漢文の作中で見かけることはあっても、
現代作品で使用されるケースは少ないでしょう。

その点、「頃」は中学校で習う漢字ですし、
「しばらく」の読み方も関連付けて覚えやすいです。

これを機に頭のなかに入れておくと箔がつきますよ!

最後の難読漢字は「済う」

「済う」

「決済(けっさい)」「救済(きゅうさい)」など「さい」と読むことが多いこの漢字ですが「さいう」ではありません。

訓読みでは「済む(すむ)」「済ます(すます)」と読みますが「すまう」でもありません。

「済う」読み方のヒントは?

ヒントは、困難な立場にいる人を助け出すことを表す言葉です。

類語は

「助ける」

「救出する」

「救助する」などが挙げられます。

「済う」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「すくう」

です!

「さい」と読む場合でも「救済(きゅうさい)」「共済(きょうさい)」などのように「すくう」という意味で使っている漢字が多くありますね。

「済」の漢字の中にある「斉」の文字は、象形文字ででこぼこのない綺麗にそろった様子を表しています。

その「斉」が「氵(さんずい)」と合わせることで川の水流をそろえる(量を調整して強弱を整える)という意味を持つようになり、状況が悪いものを整えてそろえることから「済う」という意味に転じたと言われています。

「すくう」の漢字は「救う」を使うことが多いですが「済う」が読めると尊敬されるかもしうれませんね。

まとめ

今日の5個の漢字はいかかがでしたか?

ぜひ日常生活で使いこなせるようにしてみてください!(^^)!

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA