漢字読み講座

【今日の難読漢字5選】「眇める」 「月見里」 「躊躇う」 「姦しい」 「愛猫」もちろん読めますよね?

今日の難読漢字は

「眇める」

「月見里」

「躊躇う」

「姦しい」

「愛猫」

の5つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「眇める」

「眇める」

この漢字は、目へんが使われていることから、「目」にまつわる漢字だとわかります。
「砂」という漢字に似ているので「すなめる」や「さめる」と読みたくなりますが、正しくは違います。

今日は「眇める」を読めるようになりましょう!

「眇める」読み方のヒントは?

「眇める」には、片目を細める片目を瞑って狙いを定める、などの意味があります。

弓を引くときや、ダーツを投げるとき、太陽が眩しいときなどに「目を眇める」と表現します。

慣用句でも使われる「眇める」。
矯めつ眇めつ」という言葉を聞いて、ピンと来る人もいるのでは?

「眇める」の読み方、正解は……

「眇める」の正解は……

「すがめる」です!

先述の「矯めつ眇めつ(ためつすがめつ)」には、あちこち様々な方向からよく眺める様子という意味があります。

日常的には、美術館や博物館などで
国宝の日本刀の刃文を矯めつ眇めつ眺める
あの絵には、人に矯めつ眇めつ鑑賞させる魅力がある
などのように使います。

ぜひ覚えておいてくださいね!

まず最初の難読漢字は「月見里」

名字には、おしゃれな当て字で書かれるものが多数あります。

「月見里」もそのひとつ。

一見「つきみざと」と読めてしまいますが、実際の読み方はまったく異なります。

「月見里」読み方のヒントは?

「月見里」の正しい読み方は、この三つの漢字を文章化し、それを写真や映像にイメージしてみると思いつくかもしれません。

月が見える里、月を見る里……。

月が見えるということは、視界を遮るものが何もないということです。
では、何がないのでしょうか?

「〇〇無し」に入るひらがな二文字をお答えください!

「月見里」の読み方、正解は……

「月見里」の正解は……

「やまなし」です!

月が見える里、ということは視界を遮る山がないんですよね。

月見里さんは一節によると、清和天皇の子孫や桓武天皇の子孫などにも見られる名字で、封地を分割する際に山梨氏の読みを残したのが由来なのだそう。

千葉県や静岡県に住まわれている方が多く、全国人数はおよそ270人のレア名字。

静岡県藤枝市には「月見里神社」が実在しているとのことですよ!

まず最初の難読漢字は「躊躇う」

「躊躇う」

この漢字は音読みでは読める方も多いのではないでしょうか?

そうです!「ちゅうちょ」です。

音読みの場合の意味と同じですので、想像もついてしまって、答えをご紹介するのも躊躇してしまいそうです。。。

「躊躇う」の読み方のヒント

ヒント① 読み方は、「〇め〇う」です。

ヒント② 気がひける、遠慮する、気おくれする、といった意味に近い言葉です。

 

「躊躇う」の読み方の正解は・・・

 

ためらう です。

 

音読みの「ちゅうちょ」からも分かるとおり、意味は、あれこれ考えて迷う様子や、決心がつかないでぐずぐずする、ことです。

意味は分かっていても、「〇〇〇う」とくれば、「とまどう」と読んでしまった方はいませんか?

 

日常的にもよく使う言葉ですので、これを機に正しく読めるようにしておきましょう!

まず最初の難読漢字は「姦しい」

「姦しい」

女が3つ。3人?想像してみて!

 

読み方も意味も想像つかないあなた。

なぜ、女・女・女と書くのかが分かれば、今日からこの漢字がインプットされるはずです。

読み方のヒント

 

ヒント① 例文:「今日の会議は人数が多く、姦しい雰囲気になった。」

 

ヒント② 例文:「女性が多い職場の昼休みは、姦しい。」

 

 

「姦しい」の読み方、正解は・・・・

正解は、「かしましい」です。

 

あまり、日常使いはされませんね。

 

「姦しい」は、うるさい、にぎやか、口やかましい、といった意味合いがあります。

「姦しい」の語源は女性たちの井戸端会議からきたとされていて、「女三人寄れば姦しい」という、ことわざもあるくらいなんですよ!

確かに女が3人も集まれば話題は付きませんよね・・・。

でもそんな皮肉っぽく「女」の文字を使わなくても良いと思っちゃいます。

 

ちなみに、この言葉は男性にだって使われますので、男性の方もご注意くださいね!

まず最初の難読漢字は「愛猫」

「愛猫」

今や3世帯に1世帯がペットと暮らしているとのこと。
そのなかでもなんと、猫との生活を選ぶ人の割合は4割弱との統計が出ています。

……という雑談はさておき、

じまんのウチの子を自慢するとき、

「愛猫」と言いますよね。

この漢字、正しく読めていますか?
ついつい「あいねこ」と読みたくなってしまいますが、本当は違うんです!

愛猫」読み方のヒントは?

「愛猫」のヒントは、ずばり「猫」の漢字のつくりに注目すること

「猫」はけものへんに「苗」がついた字ですね。
「苗」は音読みでなんと読むでしょうか?

それを思い出せたら「愛猫」もバッチリ読めると思います。

ちなみに「愛息子」を「まなむすこ」と読みますが、今回は「あい〇〇〇」でOKです。

「愛猫」の読み方、正解は……

「愛猫」の読み方、正解は……

「あいびょう」です!

読めましたか?

ワンちゃんが大好きな人のことを「愛犬家(あいけんか)」と言います。
そのため「犬(ケン)」の音読みに合わせると、「愛猫家」も「あいびょうか」と読むのが正しいのです。

……とはいえ「あいねこ」「あいねこか」と言ったほうがわかりやすいのも事実。

もしかしたら、今後は「あいねこ」読みが認められることもあるかもしれませんね!

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA