漢字読み講座

「戯言」ってなんて読む? (たわごと)以外にも読み方があります!

「戯言」と書いて、(たわごと)と読みます。

しかし、他にも読み方があります。

「戯言」で主に読まれているのは(たわごと)と、もうひとつの読み方です。

読み方によって微妙に意味が変わってきますが、

いつもはどちらで読んでいますか?

「戯言」の読み方のヒントはコレ!

(たわごと)という時は、どちらかというと人から言われる怒りの言葉です。

いい加減な事ばかりで皆を振り回したりしていると、

戯言(たわごと)を言うな!

と人に怒られます。

しかし、もうひとつの読み方はどちらかというと、

好意的な意味合いで使われます。

「子ども達が戯言を言っている」

など、微笑ましい感じですね。

「戯言」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

もうひとついうと「〇〇ごと」です。

さあ、もうわかりましたか?

「戯言」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ざれごと

です!

 

どちらも同じ、どうでもいいことを言っている事を指していますが

(たわごと)というと怒りの感情が見えますが、

(ざれごと)というと微笑ましい感じがしますね。

また、使われる頻度は少ないですが、(ぎげん)(たわこと)とも読みます。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA