漢字読み講座

【今日の難読漢字】「住処」「粗相」「強面」これがサッと読めれば大人カッコいい!

今日の難読漢字は

「住処」

「粗相」

「強面」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「住処」!

「住む」に「処」と書いて「住処」はなんと読むか分かりますか?

じゅうしょ)と読んでも正解ですが、もっとなじみのある読み方があります。

さて、「住処」と書いてなんと読むでしょうか?

「住処」の読み方のヒントはコレ!

自分で言うよりは、人の居場所を指すことが多いです。

鬼の住処」「悪党の住処

などと使いますね。

探偵や刑事が、「住処を突き止める!」なんて言う事も。

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「住処」の読み方、正解は・・・

正解は、「すみか」です!

 

誰でも住処は自分にとって、大切な場所であることには変わりありません。

小まめに掃除してきれいにしておきましょう。

次の難読漢字は「粗相」です!

粗品の「粗」に、相性の「相」ですが(そしょう)とは読みません。

子どもがおねしょをしたことを「粗相をした」と言います。

子どもに使う言葉というイメージですが、大人でも

「ついうっかり粗相をしてしまいました!」なんて使い方もします。

粗相には不注意な事、あやまち、粗末、軽率という意味があります。

また、そそっかしい、軽率な行動も粗相と言います。

幅広く使える言葉ですね!

「粗相」読み方のヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さあ、もうわかりましたか?

「粗相」の読み方、正解は・・・

正解は、「そそう」です!

 

子どものいたずらやうっかりは、ほぼ「子供の粗相」で片付きます。

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「強面」!

「強面」と書いて、なんと読むか分かりますか?

強い面と書くとなんとなくイメージが沸きますよね。

きっとそのイメージで合ってます!

さて、「強面」と書いてなんと読むでしょうか?

「強面」読み方のヒントは?

硬派そうな男の人に使う言葉です。

無口で、笑顔の無い(でも笑うと可愛い?)、ミステリアスな雰囲気とでもいいましょうか。

近寄りがたい感じであることは確かですが、話せば印象が違ってくるかも。

家の前に強面の人がウロウロしていると、ちょっと怖いかもしれません。

ちなみに任侠映画や刑事ドラマなどには、強面が揃っています。

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

怖い、強そうな顔はモテるという意味で「強面」

と覚えている人も居るかもしれません。

さあ、もうわかりましたか?

「強面」の読み方、正解は・・・

正解は、「こわもて」です!

 

無口そうな笑顔の少ない人や、威圧感、存在感の大きな人を強面と言います。

イケメン、フツメンと来て、実は強面の顔の人が好み! なんていう女性も多いでしょう。

チャラ男の対極に居るのが「強面」です。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA