漢字読み講座

「蛹」ってなんて読む? (おけ)ではありません!

「蛹」と書いて、なんと読むか分かりますか?

漢字がよく似ていますが、(おけ)は「桶」と書きます。

蛹は、完全変態をする昆虫の成長途中のものを指します。

完全変態とは幼虫から蛹になり、成虫へと完全に形を変える変態の虫のことを指します。

また不完全変態は、バッタや蝉など幼虫と成虫の形態がよく似ており、

幼虫の時から背中に翅(はね)が見え、蛹にならないのが特徴です。

さて、なんとなく読み方もわかったでしょうか?

「蛹」読み方のヒントは?

カブトムシだと5月から6月ごろに。

アゲハ蝶は越冬するタイプの物と、春から夏にかけて羽化するものがあります。

もっとも「蛹」という言葉を表せている虫は「蚕」(かいこ)ではないでしょうか?

蚕は育つと「蛾」になりますが、繭に包まれた蛹から「絹」が作られることでも有名ですね。

少し難しい話になってしまいましたが、読み方はイメージできたでしょうか?

「蛹」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さあ、もうわかりましたか?

「蛹」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「さなぎ」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA