漢字読み講座

「叛く」を読めますか? もちろん「はんく」とは読みません。

難読漢字で知識を増やしましょう!

今日の漢字は「叛く」です。

あまり見かけない漢字ですね…。

「叛く」の読み方のヒントは…

昔、朝廷に「叛く」者たちを朝敵と呼びました。

朝敵とは、天子(天皇)に「叛く」者たちです。

母国に「叛いて」スパイになった。

正解は…

正解は…

「そむく」

でした!

「叛く」は「裏切り」を意味します。

また、わきを向いたり背中を向けたりする動作も含みます。

「叛く」と「背く」は同訓異義

現在、「叛く」は「背く」に置き換えられるケースがほとんどです。

ほぼ同義語として扱われることが多いでしょう。

でも、「叛く」と「背く」には、実は微妙な意味の違いがあるのだそう。

「叛く」:味方であったものが敵になる「裏切り」を意味する。

「背く」:命令、意見、約束、期待、ルールなどに「従わない」こと。

このような関係を「同訓異義」といいます。

「叛」を使う言葉

「叛く(そむく)」は訓読みです。他に「叛れる(はなれる)」とも読みます。

音読みでは「ハン」「ホン」と読みます。

叛逆者(ハンギャクシャ)・叛乱軍(ハンラングン)・叛骨精神(ハンコツセイシン)・叛旗(ハンキ)をひるがえす・謀叛(ムホン)

たくさんありますね!

音読みの「叛」を「反」に置き換えるケースが多いでしょう。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA