漢字読み講座

「端金」の読み方は?「たんきん」や「はしきん」と読むとかなり恥ずかしいかも…

今回の問題は「端金」の読み方です。

日常的に使う言葉ですが、漢字で書くと意外と読みにくいですね。

「はしがね」とも読めますが、今回はもう一つの読み方で答えてください。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「端金」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字です
  2. 意味は「ごくわずかなお金」のこと
  3. 「こんな端金ではとても足らない」などと言います

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「端金」の読み方!正解は!?

正解は「はしたがね」です!

前述したように「はしがね」という読み方もありますが「はしがね」は何かの端につける金具のことになります。

「はしたがね」は、わずかなお金、中途半端な金銭を意味する言葉で、「端銭(はしぜに)」も同様の意味です。

「端金」は、一般的には「はした金」と表記することが多いようですね。

それにしても、はした金とは一体いくらなのでしょう。

人やその時の状況によって、100円がはした金だったり、100万円がはした金だったりするので、微妙な言葉ですよね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA