漢字読み講座

【今日の難読漢字】「鯎」「轆轤」「入内」「孔球」「踝」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「鯎」

「轆轤」

「入内」

「孔球」

「踝」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「鯎」

「魚へん」に何かの漢字がつく「魚へん」シリーズも、難読漢字ではすっかりお馴染みになりました。

 

今回は「成る」や「成功」の言葉でもお馴染み、日常的に使う「成」です。

 

でも、「魚が成る」と一体何になるんでしょうか?

 

「成功する」と考えると出世魚のような気がしてきますが、この「鯎」、あなたは読めますか??

 

「鯎」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント➁ 30cm前後の淡水魚で、きれいな川にいます。

ヒント③ 一般的には「ハヤ」と呼ばれます。

 

「鯎」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「うぐい」です!

 

「鯎」は、体長30cm前後の淡水魚で、オイカワやカワムツなどと一括りにして「ハヤ」と呼ばれている魚です。

 

他の地域では、アイソ、アカハラ、クキ、タロ・・・などなど、他にもその地域ごとに名づけられた名称があるユニークな魚でもあります。

 

「鯎」という1文字の漢字の他にも「石斑魚」とも表記されることもあり、こちらも難読漢字としても有名ですね!

 

きれいな水を好む「鯎」、いつまでもこの魚が住める環境を保っていきたいものですね。

2つ目の漢字は「轆轤」

日本のホラー映画のタイトルにもありそうな「轆轤」という漢字。

 

パッと見、頭蓋骨の「ドクロ」にも思えますが、それは「髑髏」と書きます。

 

比べてみると随分違いますが、雰囲気は同じwww

 

ということは、読み方も似ているかも!?

 

「轆轤」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント➁ 小学校や中学校の工作の時間でも使ったことがあるはずです。

ヒント③ 「ドクロ」と読み方が似ています!

 

「轆轤」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ろくろ」です!

 

「轆轤」とは、 壺や陶器を作るときに使う、回転する円盤状の台座のことです。

 

回しながら作ることで、きれいな曲線や線を作ることができるので、瀬戸物や食器などを作る工房には必ずある工具です。

 

また、「轆轤」にはもう一つ意味があって、井戸などの上にある「滑車」のようなものをいいます。

 

どちらにも共通しているのは「回転」するということですが、読み方も「ろくろ」で上から読んでも下から読んでも回転していますね!

3つ目の漢字は「入内」

漢字としてはすごくシンプルな「入内」。

読み方は「いりうち」とか「にゅうない」などと読めそうですね。

 

この「にゅうない」は、律令制度の時代の「位」を表す言葉でもあるので、「にゅうない」と読んだ人は正解です!

 

・・・でも、難読漢字の問題なので今回は違う読み方にチャレンジしてみましょう!

 

「入内」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント➁ お雛様の世界や平安時代で使われていた言葉です。

ヒント③ 某有名宇宙映画で光る剣をもつ騎士の名前に似ています。

 

「入内」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「じゅだい」です!

 

カタカナにすると、某宇宙映画の光る剣というか棒を持つマスターの名前に似ていますが・・・「入内」とは、 中宮、女御などが内裏(だいり)に入ることを表す言葉です。

 

他にも、外出していた皇后様が内裏に戻ってきたときにも使われますね。

 

私たち一般人にはあまり関係ない世界の言葉ですが、「入内」という簡単な漢字の読み方くらい読めないと恥ずかしいので、この機会に覚えてしまいましょう!

4つ目の漢字は「孔球」

「孔球」という漢字をみると、孔子の「孔」に「球」ですね。

となると、孔子のような偉人が持っている球(玉)ですから、すごい価値のある宝石か、ありがたい言葉が刻まれた玉のようなものでしょうか。

 

音読みにすれば「こうきゅう」、果たしてこのありがたい「球」は何と読むのでしょうか。

 

ちなみに、かなり難しいのでヒントを参考にすることをおすすめします!

 

「孔球」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント➁ これはスポーツの名前です。

ヒント③ 「孔」ではなく「ドライバー」を使います。

 

「孔球」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ゴルフ」です!

 

「ゴルフ」は、小さなボールをクラブやドライバーで打ち、はるか遠くにあるカップという穴に入れるスポーツのことですね。

 

この「ゴルフ」はスコットランド語であり、漢字にすると「孔球」と表記します。

 

マスターズなどを見ていて思うのは、「孔球」の世界でも外国人選手が上位を占めていてなかなか日本人は仲間入りできないのが残念なところですね。

 

「孔子の球」である以上、いつか中国や日本などのアジア圏のプレーヤーで覇権を争って欲しいものです。

5つ目の漢字は「踝」

今回の漢字はシンプルに1文字の「踝」。

 

字の成り立ちをみると、「足」と「果実」の「果」ですので、「足の果物」もしくは「足の果て」でしょうか。

 

でも、どちらも意味がよく分からないですね・・・。

 

ということは、意味から来る言葉ではなく音から当てた字でしょうか。

 

音とすれば、「果」は「か」と読みますので、もしかして「かかと」!?

 

これが正解かどうか、ヒントも参考にこの「足の果て」の先を一緒に見ていきましょう!!

 

「踝」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これは読み方が複数あります!

ヒント➁ 「足の果物」というか、「足にある果物のような突起」が近いです。

ヒント③ 「く〇〇し」の4文字です。

 

「踝」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「くるぶし」です!

 

「くるぶし」の他にも、「つくぶし」や「くろぶし」、「つぶなき」とも読みます。

 

「踝」は足首に2つある、突き出た骨の部分のことを言います。

 

少しマニアックな説明になりますが、内側の突き出た骨は「脛骨」、外側の部分は「腓骨」という骨の末端になります。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA