漢字読み講座

「押印」ってよく見かけるけど正しく読めますか?「おしいん」と読むのは恥ずかしい!!

「脱ハンコ」「ハンコレス」がすすめられているとは言うものの、職場や銀行、車の購入や部屋の契約など、まだまだ判子を押す場面は多いもの。

「押印」とは文字通り、判子を朱肉に付けて紙などに押すことを言います。

そんな意味は分かるものの、「おしいん」と読んでしまっている人が多いのではないでしょうか?

社会人にとって切っても切れない判子。

恥をかかないためにも、正しい読み方をさっそく見ていきましょう!

「押印」の読み方のヒントは・・・?

  • 「押印」の「印」は「いん」と読みます。
  • ひらがなで「〇〇いん」の4文字です。

さらなるヒント!

  • 「押印」の「押」は「お〇」と読みます。

つまり、「お〇いん」!!

もうこれで、分かりましたよね!?

「押印」の読み方の答えは・・・

正解は、「おういん」でした!

ちなみに、判子を押すと言えば「捺印(なついん)」でしょ?と思った方もいるのではないでしょうか。

確かに「押印」も「捺印」も印鑑を押すという意味で使われます。

ただし「押印」は、印刷またはゴム印で押された氏名や社名とともに判子を押す場合。

「捺印」は、直筆の氏名・社名とともに判子を押す場合に使われるという違いがあるのです。

社会人のたしなみとして覚えておきましょう!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA