漢字読み講座

押釦って何て読む?「おうこう」?まさかあの言葉に漢字があったとは!

「押釦」

押釦という漢字を見て、読み方がわかる人はそうそう居ないでしょう。

「押(おす)」という言葉は簡単ですが、「釦」なんて漢字は見たこともないですよね。「金へん」に「口」ですし、意味もよくわかりません。

「押」の音読みで「オウ」ですので、「釦」の「口」の字から連想して「オウコウ」と無理やり読めそうな気もしますが……残念ながら、この読みはかなり違います。

実は、この漢字はとても意外な読み方をします。みなさんも知っているモノなのですが、きっと「えっ!?あの言葉に漢字なんてあったの!?」と驚くこと間違いなしです。

さぁ、なんと読むのでしょうか?

「押釦」の読み方のヒントはコレ!

ヒント1:キモは「釦」をどう読むか?

ヒント2:「押」からギリギリ連想できなくもない

ヒント3:漢字があるとは信じられない言葉

「押釦」の読み方のヒントは、「釦」をどう読むか?にかかっています。

先にちょこっと正解を教えると「押」は「おし」と読めば大丈夫です。この「押」からギリギリ連想できなくもない言葉が正解です。

「釦」は、誰もが知っているモノですが、漢字があるとは信じられない言葉です。

「押釦」の読み方!正解は…?

「押釦」の読み方、正解は……

「おしボタン」です!

「ピンポーン」と押す、あの「おしボタン」です!

ちなみに、ボタンは「鈕」と書くこともあります。服の「ボタン」なんかもこの字でオーケーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA