漢字読み講座

【「閣」は「立派な御殿」を意味し、そこに「龍」。すごい神々しい!】「閣龍」、あなたは読めますか?

「閣龍」という漢字、見た目がすごい派手ですが普段みかけない漢字ですね。

 

あるとすれば、都心にあるような高級中華料理屋のような感じもしますが、今回の読み方はお店の名前ではありません。

 

ヒントとしては、音読みでも訓読みでもありません!

ということは、当て字しか思い当たりませんが、どうでしょうか?

 

かなり難問ですが、ぜひ挑戦してみてください!

 

「閣龍」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これは人物名です。

ヒント➁ 世界史における、大航海時代の先駆者はこの方!

ヒント③ インドに着いたと思ったら、実はインドではなかった・・・。

 

「閣龍」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「コロンブス」です!

 

「コロンブス」は、まさに大航海時代の先駆者。

 

当時、インドの香辛料が貴重だったヨーロッパ圏において、陸路ではなく海路を使ってインドに行く方法が模索されていましたが、その時代の流れの中に「閣龍」もいました。

 

当時、ヨーロッパの方から海路を使ってインドに行くルートとしては、アフリカ大陸をぐるっと南下するものがありましたが、「地球が球体である」ことを根拠に、「西に一直線に進めばぐるっと回ってインドにたどり着けるはず!」という、まさに目から鱗なアイデアで航海に旅立ちます。

 

残念ながら、彼が辿り着いた場所はインドではなくアメリカ大陸の東海域の諸島であり、それが由来となって、アメリカ大陸にいた先住民を「インディアン」と呼ぶようになったのは有名な話ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA