漢字読み講座

「衆い」は何と読むかわかりますか?「しゅうい」ではありませんよ

「衆い」の読み方をご存知でしょうか?

「大衆(たいしゅう)」の衆だから「しゅうい」?

では、もちろんありません。

あなたには何と読むかわかりますか?

「衆い」の読み方のヒントはこちら

ひらがなで書くと、送り仮名を含めて「〇〇い」の3文字です。

「大衆」「民衆」「衆知」「公衆」などの熟語から連想すると、その意味から読み方がわかるかも?

「衆い」の読み方!正解は!?

正解は「おおい」です!

ヒントで紹介したように「大衆」や「民衆」などの熟語の「衆」の字は、全て大勢の人といった意味を持ちますね。

「衆(おお)い」は、多くのものや、もろもろ、数が多いといった意味になります。

意外なことに「衆」の字は小学6年で習う漢字なので「おおい」という読み方もその時に習ったはずなのですが…

おそらく、多くの人が忘れてしまっているのではないでしょうか。

一般には「大衆」という熟語のように「しゅう」と読むことがほとんどなので、「おおい」という読み方を使うことは、ほぼありません。

「『衆い』って何て読むか分かる?小学校で習ったよ」と、クイズにして家族や友達に聞いてみてくださいね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA