漢字読み講座

【忝い】【木耳】【竦む】難読漢字クイズ!読める漢字はありますか?

今回は「忝い」「木耳」「竦む」の3つの漢字の読みを答えていただきます。

すべて読むことができたらかなりの漢字上級者だといえるでしょう。

それでは早速、1問目です!

最初の漢字はこちら!「忝い」

「忝い」という漢字、読むことができますか?

今回の難読漢字クイズではこちらの漢字を読んでいただきます。

日常生活ではほとんど使われない上、ましてや漢字表記を目にする機会はほとんどないでしょう。

しかしきっとこの言葉自体はあなたも知っているはず。

分かりますでしょうか?

「忝い」の読み方のヒントは?

普段使うことはありませんが、ほとんどの方が耳にしたり、目にしたりしたことがあるはずの言葉です。

ではどこでこの言葉に触れるか。

ほとんどの人は「時代劇」ではないかと思います。

恐れ多いと思った時、武士がよく使うイメージです。

これをヒントに「忝い」、読むことができるでしょうか?

正解は…

正解は…

かたじけない

でした!

少し意外な言葉だったのではないでしょうか?

ちなみに、「かたじけない」には「忝い」という表記だけでなく「辱い」という表記もあります。

難読漢字マスターに近づくためには、両方の漢字表記を覚えておくとよいでしょう。

2問目です!「木耳」

続いての漢字はこちら。

「木耳」という漢字、読むことができますか?

もしかすると読むことができる人も少ないかもしれません。

それほど私たちになじみがある「あるもの」の名前をあらわす漢字です。

「木耳」の読み方のヒントは?

まず、「木耳」は食べ物です。

茹でてそのまま食べることもありますが、大体は茹でた後に刻んでラーメンの付け合わせにするなど、脇役のような使われ方をすることが多い食品です。

キノコの一種ですが、食感はクラゲのものに似ています。

この名前もそこからついたのだとか…

もう分かってしまったでしょうか?

正解は…

正解は…

きくらげ

でした!

「耳」という漢字に「くらげ」という読みはありません。

漢字は「木に生えた耳のような形のキノコ」というところから、読み方は「食感がクラゲに似ている」というところからそれぞれきているみたいです。

今回は普段脇役に徹しているきくらげのお話でした。

次に目にした(口にした)時には漢字も思い出してあげてくださいね。

ラストの漢字は…「竦む」

ラストです!

「竦む」という漢字、読むことができますか?

なんとなく「疎む(うとむ)」という漢字や「棘(とげ)」という漢字に似ていますが、それらとはまた違った読み方をします。

あなたはこの漢字が読めますか?

「竦む」の読み方のヒントは?

読めない漢字がある時のセオリーとして、漢字のつくりの部分を音読みで読んでみるというものがあります。

今回もそれに当てはめてみましょう。

「竦」という漢字は「立」と「束」に分かれます。

前者がへん、後者がつくりだと考えると「束」にヒントが隠されていることになります。

「束」を音読みすると…?

その上でさらにヒントなのですが、大体の人は高いところや怖いシーンで足が「竦み」ます。

近い読み、意味でピンときたものがあれば、きっとそれが正解です。

それでは正解発表にいってみましょう。

正解は…

正解は…

すくむ

でした!

日常的に足がすくむような思いをすることは少ないですが、漢字だけでもぜひ知っておいてください。

 

何問正解できましたか?

大切なのはここで満点を出すことではなく、知らないことを学ぼうとする姿勢のほうです。

一問も分からなかったとしても気落ちすることはありません。

是非この機会に漢字の学びを深めていってください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA