漢字読み講座

「合歓木」は「ごうかんぼく」とも読みますがもう一つの読み方は?

「合歓木」は何と読むかご存知でしょうか?

そのまま音読みで「ごうかんぼく」とも読みますが、もっと一般的な読み方があります。

「木」という文字が入っているので、木の名前のようですね。

さて、あなたには読むことができますか?

「合歓木」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 6~7月頃に淡いピンク色の花を咲かせます
  3. 夜になると眠っているように見えるそうです

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「合歓木」の読み方!正解は!?

正解は「ねむのき」です!

また「ごうかんぼく」も、ねむの木のことを言います。

ねむの木は夜になると葉っぱが閉じて垂れ下がり、眠っているように見えることから、ねむの木と呼ばれるようになったそうです。

また、古い日本語では「眠る」を「ねぶる」と発音したため、「ねぶのき」と読まれる場合もあります。

「合歓(ごうかん)」という熟語には、家族が仲良く寄り添ったり、喜びを共にするという意味があるそうです。

「合歓木(ねむのき)」に「合歓(ごうかん)」という漢字が当てられているのは、葉がぴったりとくっついている様子が、添い寝する男女に似ているからだとか。

夜になるとぴったりと葉を合わせて眠る「合歓木(ねむのき)」は、何とも不思議でロマンチックですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA