漢字読み講座

【今日の難読漢字】「三十三才」「海狸」「竹節虫」。「三十三才」は年齢ではありませんよ!

今日の難読漢字は

「三十三才」

「海狸」

「竹節虫」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「三十三才」!

女性には歳を聞いてはいけない、ましてや30代の方に・・・。

 

そんな「年齢」がずばり思い浮かんでしまう「三十三才」ですが、今回は「さんじゅうさんさい」とは読みません。

 

難読漢字の問題なので、ぜひ違った読み方にチャレンジして欲しいところです。

 

また、読み方の他にもその言葉が表すものについても知っていると完璧です!

 

さあ、若者でも老人でもないこの「三十三才」は、いったい何者だ!?

 

三十三才」の読み方のヒントはコレ!

 「〇〇〇〇い」の5文字です。

冬の季語としても使われます。

 

三十三才」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「みそさざい」です!

 

「三十三才」とは、冬の時期に民家にも訪れる、10cmほどしかない小さな鳥のことです。

 

俳句や小説などにも度々登場する名前なので、文学好きの方ならご存じの方もいたことでしょう。

 

「三十三才」は「鷦鷯」とも表記され、むしろこちらの方が難読漢字には相応しいと思える漢字ですが、あえて「三十三才」と表現した方が文学的ですよね。

 

訪れる時期から、この「三十三才」は冬の季語としても使われますので、手紙を書くことがあったらぜひ活用してみてください!

 

次の難読漢字は「海狸」!

「海」+漢字1文字のパターンは、他にもいくつかありますよね。

 

「海」+「豚」=イルカ、

「海」+「豹」=アザラシ、

「海」+「象」=セイウチ など、海の生き物シリーズであることは間違いないようです。

 

でも、豹や象などと違って「狸」は何だか愛くるしいイメージがありますので、小型で穏やかな性格の動物だと推測できますが、いかがでしょうか?

 

海狸」の読み方のヒントはコレ!

泳ぐことも得意ですが、かじるのも得意!

「〇ー〇ー」の4文字です。

 

海狸」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ビーバー」です!

 

「海狸」は、体長80cmくらいの中型の動物で、見た目は大きなネズミやカピパラに近い容姿をしています。

 

後ろ足に水かきがあり、泳ぎが大の得意。生態としても河川や湖、沼などで暮らしています。

また、もう一つの特徴が、大きな前歯。

「ビーバー」は草食動物ですが、1日になんと2kgもの草や木の皮を食べることでも知られていて、1m近い木の枝でも、ものの数分あれば丸裸にしてしまうほどの咀嚼力を持っています。

 

木の皮を剥くだけでなく、木そのものもかじり倒してしまうほどのパワーをもつ「海狸」は、もはや「狸」ではないような気がしてきました・・・。

 

最後の難読漢字は「竹節虫」!

昆虫は、「節足動物」に分類されていることからも、「足に節ができている」生き物ですよね。

 

今回の漢字は「竹のような節の虫」・・・。

私は昆虫が大の苦手で想像するのも嫌なんですが、たいがいの昆虫の足は細くて節ができていて、まさに「竹のような節」と表現できるものと思っています。

 

そのため、「竹節虫」と言われても、ほとんど全ての昆虫が当てはまりそうですが、いかがでしょうか?

 

次のヒントを見ながら、特定の昆虫に絞っていきましょう!

 

竹節虫」の読み方のヒントはコレ!

名前に数字が入っています。

「〇〇〇〇」の4文字です。

 

竹節虫」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ななふし」です!

 

そのまま「七節」という漢字でも表記されますが、この「七」は足が7本あるということではなく、単純に「たくさん」という意味で使われているそうです。

 

見た目は、まさに細い木の枝や竹の枝そのもの。森の中で葉っぱの上にいたとしても、何ら違和感もなく、見つけるのも困難な姿形をしています。

 

でも驚くのはその大きさ・・・。昆虫というからには、せいぜい数センチ程度だと思っていましたが、世界には50cmほどにもなる超大型の木の枝、もとい「竹節虫」がいるようで、そんなのが森にいるとしたら怖すぎます・・・。

 

自然と共存していた頃の古代の人間って、いろんな意味で尊敬してしまいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA