漢字読み講座

【今日の難読漢字】「経典」「言質」「版図」。「版図」は意味も含めて超難問です!!

今日の難読漢字は

「経典」

「言質」

「版図」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「経典」!

学校で世界史を習うとき、必ずといっていいほど「宗教」と一緒にその国の歴史も学びますね。

 

今回の漢字は、そんな宗教と関わりの深い「経典」という漢字です。

 

読めそうで読めない、間違えて覚えていたら恥ずかしい言葉ですので、自信がない人はヒントを参考に正解にたどり着いてくださいね!

 

ちなみに、「けいてん」と読んでしまったアナタ、神様から怒られますよwww

 

経典」の読み方のヒントはコレ!

 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

「典」は2つありますが、ベーシックに「てん」でもOKです。

 

経典」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「きょうてん」です!

 

「経典」は、「きょうてん」と読む他に「きょうでん」とも読みます。

 

「経典」とは、神様の教えを記した文字や書物全般のことを指し、一般的にはその宗教があがめる神のことを指します。

 

日本では仏教が広く信仰されていることから、お坊さんが読む「お経」がそれにあたります。

 

キリスト教では聖書、イスラム教ではコーランなど、神様が記した偉大なる教えや規律は長い年月を経た今でも、私たちを導いてくれています。

 

次の難読漢字は「言質」!

今回の漢字は日常生活でもよく使う言葉!

 

だからこそ、間違えてしまうと非常に恥ずかしい思いをすることになるんですが、「言質」って正しく読めますか??

 

読み方もそうですが、意味も分からない人も多いと思いますので、このページでいろいろと知識を蓄えましょう。

 

あ、ちなみに「げんしち」や「げんしつ」、「ごんしつ」は間違った読み方です!!

 

言質」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇」の3文字です。

「質」の読み方が特殊です。

 

言質」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「げんち」です!

 

「言質」とは、「証拠となる約束した言葉」という意味があります。

 

よく推理ドラマや恋愛ドラマなどで、「あなたのその発言は言質となる」「あなたの言質はとったわ」などのセリフを聞いたことがあると思います。

 

「言質」の「言」は、そのまま「言う」や「言葉」という言葉から分かるとおり、「話す内容」を表し、「質」は「中身」や「根本」、「事実」など多くの意味を持っているほか、「質屋」といった言葉でも分かるとおり、「金銭に相当する品物」を意味しています。

 

これらのことから、「約束を保証するための言葉」を表すようになったんですね!

 

最後の難読漢字は「版図」!

小学校の図工の時間で出てきそうな「版図」という漢字。

 

「版画」は授業でもやったことがあると思いますが、「図工の時間にやる版画」という意味ではありません。

 

簡単な漢字のはずなのに、読み方がよく分からない・・・。

 

さらに、今回の「版図」という言葉は、その意味がもっと難しいんです!

 

さあ果たして読み方と意味の両方を正解できる人はいるのでしょうか?

 

版図」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇」の3文字です。

獣を捕まえる人は「ハンター」ですが、その人の行為も同じ言葉です。

 

版図」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「はんと」です!

 

何となく、「はんず」と読みたくなってしまいますが正しくは「はんと」です。

 

さあ、お待ちかねの意味をご説明しましょう!

 

「版図」とは、「図工」や「版画」などとはまったく関係なく、「ある国の領土や領域」を表す言葉なんです!

 

もともと、「版」という字は戸籍を表し、「図」は「地図」でもお馴染みの「図」です。

 

これらを組み合わせると「一国の領域」という意味となり、「その国の勢力範囲」ともいえます。

 

今回、読みと意味の両方とも正解できた人は漢字マスターです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA