漢字読み講座

「白夜」の読み方がわかりますか?「びゃくや」とも読むけれど正しくは…

「白夜」の読み方をご存知でしょうか?

「びゃくや」と読む場合が多いのですが、実は「びゃくや」は慣用読みです。

慣用読みとは、間違った読み方をする人が余りにも多いので、認められた読みのこと。

「百夜」にも、本来の正しい読み方があるのです。

それでは「白夜」の正しい読み方は?

「白夜」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  • 白も夜も、小学校で習った読み方で読んでください
  • 北極や南極に近い地域で、夜なのに空が明るい薄明るい現象のことを言います。

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「白夜」の読み方!正解は!?

正解は「はくや」です!

今では、正しい読み方よりも慣用読みである「びゃくや」の方が一般的になっていますね

一説によると、森繁久弥さん作詞作曲の「知床旅情」で「びゃくや」と読ませていたのが始まりとも言われていますが、それ以前にも小説などでは「びゃくや」と読ませることがあったようです。

確かに「はくや」よりも「びゃくや」の方がロマンチックで、しっくりときますね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA