漢字読み講座

【今日の難読漢字】「何方道」「与する」「密密」「鈍鈍」「住処」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「何方道」

「与する」

「密密」

「鈍鈍」

「住処」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「何方道」

「何方道」の読み方をご存知でしょうか?

「なんぽうどう」や「いずかたみち」ではありませんよ。

これが読める方は、かなり少ないのではないかと思います。

日常ではよく使われる言葉なのですが…

さて、あなたには読むことができますか?

「何方道」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字
  2. 「いずれにしても」「結局は」といった意味です
  3. 「何方道、彼は来ないと思うよ」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「何方道」の読み方!正解は!?

正解は「どっちみち」です!

「何方」という漢字には「どっち」「どなた」「いずかた」などの読み方がありますが、「何方道」と書くと「どっちみち」という読み方になります。

「何道(どのみち)」という言葉もありますが、意味は「どっちみち」と同じです。

「どっちみち」という言葉には何となく投げやりな雰囲気もありますが、勇気が出ない時には「どっちみち、やるしかないんだ!」と自分を励ます言葉としても使えますね。

 

2つ目の漢字は「与する」

「与する」の読み方をごぞんじでしょうか?

「よする」ではないので、注意してくださいね。

よく見かけるありふれた漢字なのに、なかなか読みにくい難読漢字だといえます。

さて、あなたには読むことができますか?

「与する」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇する」の4文字です
  2. 仲間に入ったり、賛成したりすることをいいます
  3. 「あなたは、なぜ彼らに与するのですか?」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「与する」の読み方!正解は!?

正解は「くみする」です!

「くみする」という言葉には、ヒントで示した「仲間に入る」「賛成する」という意味の他に「扱いやすい」「相手として恐ろしくない」という意味もあります。

「扱いやすい」という意味で使う場合は「与しやすい」と言いますね。

「次の対戦相手は与しやすいだろう」といった風に、使うことができます。

また「組(くみ)する」と書いても、同じ意味になりますよ。

「くみする」はよく耳にする言葉ですが、漢字での表記はあまり見かけないので、この機会に覚えておきましょう。

3つ目の漢字は「密密」

「密密」の読み方をご存知でしょうか?

「三密」や「密を避ける」などの言葉があるため「みつみつ」と読みたくなりますが、今回はもう一つの読み方でお答えください。

「密」は小学校6年生で習う漢字なので、間違いなく皆さんご存知のはず。

しかし「密密」となると読めない方が多いのでは。

さて、あなたには読むことができますか?

「密密」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 内緒話をする時の話し方
  3. 「密」を訓読みすると?

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「密密」の読み方!正解は!?

正解は「ひそひそ」です。

「密」を訓読みにすると、「密(ひそ)か」と読みます。

なので、二つ重ねると「ひそひそ」になるというわけです。

「密」の字には、以下の二つの意味があります。

  1. 密着している、密度が高い、隙間がない
  2. 秘密、内密、こっそり

「ひそひそ」という読み方は、2番の意味に該当します。

ちなみに「密密」は「みつみつ」とも読むことができますが、その場合も2番の意味になるので、「ひとひそ」と「みつみつ」は同じ意味です。

4つ目の漢字は「鈍鈍」

「鈍鈍」の読み方をご存知でしょうか?

「鈍」は「鈍感(どんかん)」の「どん」なので「どんどん」と読んでしまいそうになりますが、それは間違いです。

決して難しい字ではないのに読めそうで読めない、まさに難読漢字ですね。

さて、あなたには読むことができますか?

「鈍鈍」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 動きがゆっくりと遅い状態を表します
  3. 亀の足取りは?

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「鈍鈍」の読み方!正解は!?

正解は「のろのろ」です!

「鈍」という字には「にぶい」「のろい」という意味があるため、「鈍」を二つ重ねて「のろのろ」と読みます。

「鈍鈍(のろのろ)」のように、同じ漢字を繰り返して状態をあらわす言葉には、「鬱鬱(うつうつ)」や「喜喜(きき)」など、他にも色々とありますね。

「のろのろ」の語源は、狂言に登場する「野呂間(のろま)人形」だと言われています。

野呂間人形のおっちょこちょいで滑稽なしぐさから、「のろま」という言葉が生まれ、「のろのろ」という表現が生まれたということです。

5つ目の漢字は「住処」

「住む」に「処」と書いて「住処」はなんと読むか分かりますか?

そのまま(すむとことろ)と読むのは間違いですが、漢字のイメージは合っていると思います!

じょうしょ)と読んでも正解ですが、もっとなじみのある読み方ができます。

さて、「住処」と書いてなんと読むでしょうか?

「住処」読み方のヒントは?

あまり自分では住処と使いません。

自分の居場所というよりは、人の住処の事を指すことが多いですね。

鬼の住処

なんて言葉もあります。

他にも「住処を突き止めた!」なんて探偵や刑事が使いそうです。

「住処」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「住処」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「すみか」

です!

 

人に言う時に「私の住処」と使う人も居るかもしれませんが、

そこはあえて「私のお城」なんて言うのもいいかも知れませんね。

誰でも自分の住処は、大切な場所であることには変わりはありません。

自分の住処はちゃんと掃除しておきましょう!

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA