漢字読み講座

「尚早」の読み方は?「なおさら」と読んでしまうと恥ずかしいかも…

「尚早」の読み方をご存じでしょうか?

勢いで「なおさら」と読んでしまいそうになりますが「なおさら」は「尚更」と書くので、間違いですよ。

普段の会話の中ではあまり出てきませんが、会議などではよく登場する単語です。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「尚早」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字です。
  2. 「まだ早すぎる」といった意味
  3. 「今決断するのは、尚早だと思う」のように使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「尚更」の読み方!正解は!?

正解は「しょうそう」です。

「尚」という字には「まだ、なお」という意味があるので「はやい」という意味の「早」と合わせることで「早すぎる」という意味になります。

例文としては「尚早な判断は失敗を招きかねない」などがあるでしょう。

また、尚早という言葉は「時期尚早」という四文字熟語で使われることが多いと言えます。

「今はまだ時期尚早です」のような言い方は、よく耳にしますね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA