漢字読み講座

「疎か」の読み方は?「おろそか」以外の読み方でお答えください

「疎か」の読み方をご存じでしょうか?

「おろそか」とも読めますが、今回はもうひとつの読み方を正解とします。

さて、あなたには読むことができますか?

「疎か」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇か」の3文字です。
  2. 「言うまでもなく」といった意味。
  3. 「晴れた日は疎か、雨の日でも練習に行った」のように使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「疎か」の読み方!正解は!?

正解は「おろか」です!

ヒントに示したように「言うまでもなく」や「もちろんのこと」といった意味です。

たとえば「漢字はおろか、ひらがなも読めなかった」「姿はおろか、声を聞いたこともない」などのように使われます。

ちなみにもう一つの読み方の「おろそか」は「いい加減に扱う」といった意味です。

「小学校での勉強をおろそかにしてはいけない」などと使いますね。

また、「愚か」と書いても「おろか」と読みますが、この場合は「未熟」「浅はか」などの意味なので、混同しないように注意しましょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA