漢字読み講座

【読めなきゃ赤っ恥!】「垂涎」って何て読む?「すいえん」は間違いです!!

「垂涎

これ、何と読むかわかりますか?

 

比喩表現として一般的に使われるのですが、

雰囲気で読んでいる方が多いこの漢字。

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「垂涎」読み方のヒント!

 

「垂涎」

 

「垂」は水がしずくになって落ちること、

「涎」は、訓読みで「よだれ」。

 

つまり「よだれが落ちること」を指す言葉です。

 

ポイントとなるのは「涎」を音読みで何と読むのか、なのですが…

 

さて、あなたは正しく読めるでしょうか?

 

「垂涎」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「すいぜん

です!

 

「垂涎」は、先に書いたように「よだれが落ちること」という意味。

 

それが転じて、

「食べたくてよだれを垂らすこと」や

「(涎が垂れるくらい)何かが欲しいと熱望すること」を表す言葉です。

 

身近な例文としては、

「ファン垂涎のプレミアチケット」

「マニア垂涎の逸品を手にいれた」

などで使われます。

 

オタク用語としては一般的かも笑

 

すんなりと「すいぜん」と読める方もいますが、

「すいえん」「すいせん」と読み間違えがち。

 

とくに「すいえん」は、間違った読み方が普及してしまったため、

予測変換や辞書でも出てくるようになりました。

 

ネットニュースなどではよく見かける「垂涎」。

間違って読んでいたら赤っ恥です!

ぜひ正しく「すいぜん」と読んでくださいね!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA